Home / 結婚 / ブーケの形と花の種類

ブーケの形と花の種類

結婚式のブーケはウェディングドレスのデザインと調和させることが大切です。

ここでは、何種類かのブーケの形と特徴をお話いたします。

スポンサードリンク

ブーケには何種類もある

ブーケ:ラウンド、オーバル

ウェディングドレスがAラインやプリンセスラインならば、半円状のドーム型になったラウンドが良いでしょう。

丸く可愛らしい形で、使える花が多いのでどんな色のドレスとも合います。

永遠を表現した丸い輪のリースは、エンパイアドレスなどの大人っぽいウェディングドレスとの相性が抜群です。
グリーンや実が生った花を付け加えるなどすれば、雰囲気が変わってお色直しのカラードレスも引き立たせてくれます。

花が楕円形になっているオーバルは、涙の形にも見えるので「ティアドロップ」と呼ばれることもあります。

ラウンドと比べるとボリュームがあり縦に長いため、上品かつ甘すぎない印象です。

オーバルは基本的にどんなデザインのウェディングドレスにも合うとされます。

ブーケ:キャスケード

キャスケードはトップにボリュームを出して、花が下に流れていくようなデザインをしています。
クラシカルなウェディングドレスで選ばれることが多く、教会の結婚式にピッタリです。ドレスではなく和装ならば、持ち手が特徴的なハンギングです。
持ち手が付いているので、手が塞がらずキャンドルサービスの時に邪魔になりません。ハートや丸など形の種類は豊富です。

ブーケ:クラッチ

花を束ねて茎の部分を持つブーケは「クラッチ」と呼ばれ、マーメイドラインのような上品なウェディングドレスに合います。

マーメイドラインは三日月を連想させるクレッセントのように縦長タイプでも好まれています。
ブーケに使われる花で最も多いのは、バラです。

ラウンドやオーバル、キャスケードで使われる機会が多く、持ちが良いので1日中枯れるのを心配しないで花嫁を美しく見せてくれます。
ヨーロッパでは華やかと美しさは永遠の憧れとして大人気です。
白色や赤色、オレンジなど色のバリエーションが多く、それぞれに異なる花言葉があるので選ぶ時も楽しめます。

花の種類とブーケ

オーバルやキャスケードにはカサブランカというユリの一種選ばれることもあります。
純白は花嫁の神聖さを表現しており、大きな花は存在感があります。

ゴージャスでありながらも純粋なイメージの花なので、ロングトレーンを引くドレスのブーケに重宝されます。
チューリップはオーバルやクラッチで多く見られます。チューリップはバラやカサブランカのように1年中手に入る花ではありません。
チューリップを使いたい場合は、10月中旬~3月中旬くらいに挙式しなければなりません。
春の代表的な花で、元気で若々しいブーケになります。ピンクや赤など明るい色が可愛らしいですが、明るい場所で咲き誇り暗い場所では元気がなくなるので扱いに注意が必要です。

日本の花で人気なのは、シャクヤクです。
花びらがふんわりとして、日本では美人の形容にも使われています。恥じらいや清浄といった花言葉を持つので、初々しい花嫁に適しています。
シャクヤクの旬は4月~5月です。

純白のウェディングドレスと青色の組み合わせが好きな人におすすめなのは、デルフィニウムです。
ラウンドやクレッセントなどに使うことができる花です、デルフィニウムはイルカが語源となっており、花言葉はあなたは幸福を振りまくや陽気です。

5月~10月の結婚式がよく行われる時期に入手できます。
赤色や白色、ピンクなどカラーバリエーションは豊富ですが、ウェディングドレスを引き立たせるのは青色です。

アジサイやひまわりなどは特定の季節でしか見られない花なので、結婚式の時期を合わせなければなりません。
しかし旬の短い花を使うことで、インパクトのあるブーケが完成するのでこだわっている人も多いです。

イチゴなど花ではなく果物を取り入れてユニークにすることも可能です!


スポンサーリンク

Check Also

シングルマザーの恋愛と再婚に大切なこととは?

男女が出会い、結婚したらそれで …