Home / 未分類 / 日焼け止めだけじゃない!美白になる方法

日焼け止めだけじゃない!美白になる方法

太陽の日差しが強いとあっという間に日焼けてしてしまう、という方がいます。特に女性は白い肌の方が綺麗、日焼けをしたくない、と思っている方も多いのではないでしょうか。実際に日傘をさすだけなら暑さ対策として理解出来ますが、腕が日焼けしないようにアームカバーをしている人も見かけます。

日焼けを気にしない人から見るとアームカバーは見ているだけで暑いですし、真夏でも長袖の女性は多いです。このように日焼けを気にしている女性の為に美白になる方法や日焼けしない方法などをご紹介します。

スポンサードリンク

肌と向き合う

日焼けをしない為には自分の肌の状態を知る必要があります。人によって体質が違うので、同じ時間日に当たっても、あまり日焼けしない人もいれば肌が真っ赤になる方もいます。自分が日焼けしやすいのかどうか、日焼けしやすいならどうのようにして防ぐかを考えてみましょう。

肌はすぐ白くなる?

夏場に海やプールに行って、日に焼けた後に肌が赤くなりヒリヒリするパターンの方がいます。多いのは、元々肌が色白なので日焼けしてもすぐに元の色に戻るから心配ない、という方です。このヒリヒリする肌環境をサンバーンと言います。

一方、日焼け後、黒くなったお肌はサンタンと呼ばれています。サンタンの場合は体のメラニンが紫外線を吸収してくれるので、皮膚が黒くなりますが皮膚の奥にダメージが残りません。

しかし、サンバーンの人はサンタンと違い、メラニンが紫外線を吸収してくれません。その結果皮膚にダメージが残ってしまい、このダメージがしわやシミの原因になってしまうのです。ですから日焼けしてもすぐに白い肌に戻るから大丈夫と思っている方は要注意です。

確かに肌だけを比べると、日焼け後に肌が白くなるのは早いかもしれません。ですが、色白の人は20代からしわやシミが気になり始めるという人が多いようです。それに比べて色黒の方は、40代でもしわやシミが気にならない人が多いようです。

ですから肌の色が白くなりやすい人は油断してはいけません。むしろ積極的に肌のケアに取り組んだ方が良いでしょう。

日焼けする人と日焼けしない人

人の体質によって違ってきますが、日焼けしやすい人はすぐ肌が黒くなりやすい体質の人の事です。日本人は白い肌に憧れを持っている方が多いですが、日に焼けて肌が黒くなるのは体の防衛反応です。皮膚に紫外線を浴びるとメラソームというメラニンが色素が詰まったら物が作られます。このメラソームは紫外線を遮断してくれる効果があります。肌が黒くなりやすい人はこの防衛反応がしっかりと働いている人です。

逆に日焼けしない人、特に肌が赤くなる人は注意してください。白い肌は紫外線を吸収するメラニンの量が少ないため、日光を浴びてしまうと炎症を起こしがちなのです。ですから日焼け(肌が黒く)せずに肌が炎症してしまう方は先程のしみやシワが出来やすいという訳です。世間では色白の人の方が好いと言われますが、色白の方方がしっかりとUVケアを行う必要があります。

日焼けをしても黒くなりにくいと喜んでいる方は、肌が黒くならないため、ダメージをあまり受けていないように感じてしまいます。しかし実際には肌が黒くなる事でダメージを緩和しているので、黒くならない方はそれだけ多くのダメージを肌に受けているという事になります。

しみやシワだけでなく、肌の老化が進み、たるむ事や皮膚がんの発生の原因にもなります。この機会に自分の肌の状態をチェックしてみましょう。

UV対策

一昔前はUV対策という言葉もあまり聞かず、むしろ太陽の光にあたらなければ体が丈夫にならない!とまで言われていました。しかし環境の変化により、現代では紫外線にあたりすぎると体に悪いと言われるようになりました。

目への紫外線対策

少しの時間なら特に問題はありませんが超時間外に出る場合はサングラスをつけ、目の保護をした方が良いでしょう。強い紫外線を浴びすぎると、白内障などの病気になるだけでなく、目の疲れが体の疲れになってしまう事もあります。

ですから特に日差しが強い夏場にはサングラスをかけて目を保護するようにすれば体の疲労も軽減出来ると言われています。

日焼けを防ぐために心掛けるべきこと

多くの方が実践している日焼け止めを体に塗る事が大切です。また、日焼け止めは汗などで落ちてしまうので2時間を目安に塗りなおすのが理想です。次に日傘や長袖などを使い直接太陽の光を浴びないようにすれば、日焼けを防ぐ効果も期待出来ます。

男性の方や日傘が荷物になるので持たないという方は、日差しが強い時間を避けて外出する方法などもあります。更に気を付けていただきたいのが曇りの日です。一般的に天気の良い日は日焼け止めや日傘などを使い対策をとっている方が多いですが、実は曇りの日でも紫外線は多いのです。

ですから曇っているから大丈夫と油断せずに、晴れの日以外も日焼け止めを塗る事が大切です。また、気温が高い8月より5月、6月の方が紫外線が強いという事を知らない方も多いと思います。夏場だけでなく5月、6月も日焼け止めを塗るような習慣を作りましょう。

効果的な日焼け止めの使い方

日焼け止めを毎日何度も使っていれば減りも早いと思います。しかし勿体ないからと言って使う量を少なくすると、十分な効果が得られないので使う時はたっぷりと使いましょう。また、日焼け止めにも使用期限はあるのをご存じでしょうか。去年の使いかけや、一昨年の日焼け止めが残っていても基本的には使わないようにしましょう。

メラニン対策

日焼けに関連した情報でメラニンという言葉をよく聞きますが、名前は知っていても実際メラニンとは何なのか知らない人もいると思います。ここではメラニンとは何なのか、メラニンが増えるとどうなるのか、を紹介していきます。

基本的な知識を知っていれば対策を考える事も可能です。一番怖いのは言葉だけを知っていて、気付いた時にもっと早く知っていれば、と後悔する事です。

メラニンとは

紫外線を浴びると体の防衛反応でメラニン色素が発生します。そして、メラニン色素はシミなの素です。少量なら問題ありませんが、紫外線を多く浴びてメラニン色素も多くなると、肌のターンオーバーが間に合わなくなり、メラニン色素が肌に残ったままになってしまうのです。

メラニン色素も種類がありますが、この肌に残ってしまったメラニン色素がシミとして肌の表面に現れます。本来は体を守る重要な成分ですが多すぎると体の害になってしまうという訳です。メラニン色素が悪い訳ではなく、多すぎることが問題という事を覚えておきましょう。

メラニンの生成を防ぐためのケア

すばり美白化粧品が効果的です。美白と言っても肌を白くする、シミを取って改善するという意味ではありません。美白化粧品はメラニンの過剰生成を防ぎ、メラニンを排出する効果もあります。最も有効なのが美容液です。ですから美容化粧品を購入するなら美容液を選ぶようにしてください。

できてしまったメラニンを排出するためだけのケア

メラニンが多くなってしまったのなら、メラニンを排出するターンオーバーを正常にする方法が有効です。ターンオーバーの正常な周期は28日と言われています。しかしこの周期はホルモンバランスの乱れやストレス、加齢などに影響を受け乱れてしまう事があります。周期が乱れればメラニンの排出量も減るのでシミが出来やすくなってしまうという訳です。

ターンオーバーを活性化させるには十分な睡眠をとる、肌の代謝をアップさせる食べ物を積極的に食べる、シミに効果的な栄養素(ビタミンC、リコピンなど)を取り入れる方法があります。

スキンケア

スキンケアは毎日行うものですから肌に合ったものを使う事が大切です。女性の方でも化粧をする機会が無いのでスキンケアは必要ない、という方がいますが、年齢を重ねるうちに自然とシミやしわなどは増えていくものです。

しかし日頃からスキンケアを行い肌の手入れをしている方はシミ、しわが出来にくく肌を綺麗に保つ事も難しくありません。ここではスキンケアの大切さを紹介していきます。

ピーリングで角質除去

私達の肌は紫外線やメイク、乾燥やストレスなどにより日々肌にダメージを与えています。この受けたダメージで肌のターンオーバーが乱れてしまい古い角質が蓄積されてしまうのです。肌のターンオーバーの大切さは何度も紹介しました。このような状態を緩和してくれるのがピーリングです。

ピーリングとは古い角質を取り除き、ターンオーバーを正常にする方法です。注意点はターンオーバーを正常化する方法であって、ターンオーバーを早める方法ではないという事です。また、ピーリングの副作用として乾燥や肌荒れなどがあります。ピーリングは古い角質を取ると説明しましたが肌のバリア機能を持っている角質も落としてしまいます。

つまりやり方を間違えると肌に必要な物まで落としてしまうという訳ですね。これによりニキビが増える、悪化する、肌が赤くなる、化粧水がしみるなどの状態を引き起こしてしまいます。このような状態を考えるとピーリングをしない方が良いのでは、と思ってしまいますよね。

しかし上記のような肌への負担はピーリングの仕方が間違っていたり、過剰にしてしまう場合、ピーリングが肌に合っていない場合などに起こる症状です。肌に合っている物を使えば特に問題はないので必要以上に心配する事はありません。

保湿が大切

肌のバリア機能が低下する事で肌内部の水分が無くなりやすくなります。水分が無くなると肌が乾燥するだけでなく、シミ、しわ、敏感肌などの肌のトラブルの原因になってしまいます。本来角質を作り出す細胞が元気であれば、自らのバリア機能によって肌の保湿を行ってくれます。

しかし、加齢や紫外線などのダメージによってその機能が正しく発揮されない場合、自分で保湿を行う必要があります。特に年齢を重ねても肌を美しく保つ為には保湿は欠かせません。他にも保湿が低下する行動がいくつもあります。

例えば洗顔やクレンジングを必要以上に行う事、保湿重視のスキンケアをしていない、不規則な生活習慣、内側からの保湿をしていないなど数えればきりがありません。全てを改善する事が一番ですが不規則な生活習慣をなおす事は仕事上難しい方も居ると思います。

実際に洗顔やクレンジングの回数を減らのはそれ程難しい事ではありませんし、保湿重視のスキンケアも肌が気になっているなら行うべきです。また、内側からの保湿も食べる物に気を配ればそこまで難しい事ではないと思います。一番良くないのは何もしない事です。

先程言ったように年齢を重ねると、肌の保湿効果も自然と低下していきます。これは自然な事です。という事は何もしなければ改善するどころか、肌の状態が悪化していくのも自然な流れという訳です。別に無理に全てをする必要はありません。自分の出来る範囲で保湿を行っていく事が大切なのです。

美白化粧品の効果

ニキビが出来にくくなる、シミが薄くなる、くすみが目立たなくなる、肌の透明感が高まる、など多くの効果があります。商品や個人の体質によって期待した効果が得られない事もありますが、基本的には使った方が自分の悩みを解決する近道になると思います。

その他の美白対策

日焼け対策やメラニン、保湿の大切さなどを紹介してきましたが、それ以外の美白対策も紹介していきます。

洗顔をきちんとする

洗顔をする事で肌の汚れや古い角質を落とす効果があります。ですから高価な化粧水やクリームを使っていても、洗顔をおろそかにしてしまうと十分な効果を得る事が出来ない、と言われる程です。また、洗顔は夜だけではなく、寝ている間にも肌に汚れが溜まっているので朝も洗顔をするようにしましょう。

しっかり睡眠をとる

肌のゴールデンタイムという言葉を聞いた事があると思います。一般的には夜の22時~深夜2時と考えらえています。この時間にしっかりと睡眠を取る事で肌のターンオーバーが促進されるという話です。しかし、現在では入眠後3~4時間とも言われるようになりました。現代人には後半の時間の方が現実的で合わせやすいかもしれません。

しかし肌の事を考えると最低6時間は寝る事が大切なようです。理想は日付が変わる前には布団の中で寝ているぐらいが丁度良いでしょう。

腸内環境を整える

腸内環境と肌には深い関わりがあります。特に便秘が大きな問題になります。普通は体から排泄するされるはずの物が体に残っている為、肌に様々なトラブルを引き起こす原因になります。状況としてはターンオーバーが間に合わず、メラニンが肌に残ってしまうのと似ているかもしれません。

体に不要な物が体に残っている為に肌の不調となって現れるのです。対策としては食物繊維が多い食べ物を食べる、サプリを使う、腸をマッサージして刺激を与える、などの方法があります。すぐに改善は出来ないかもしれませんが根気よく試してみてください。

まとめ

日焼けする人としない人の違いや仕組み、UV対策、美白になる為の方法などを紹介しました。知っている事も多いと思いますが、知っている事と実際にやっているかどうかは別物です。内容が当てはまった方は是非実践してみてください。


スポンサーリンク

Check Also

その女子の天然ボケ本物?偽物?

巷でよく使われている性格を表す …