Home / 美容 / 美肌 / 美肌水で肌の調子が大きく変わる!効果が期待できる5つの使い方

美肌水で肌の調子が大きく変わる!効果が期待できる5つの使い方

最近巷でよく耳にする美肌水。化粧水や乳液は聞いたことあるけど、美肌水は知らないといった方は多いのではないでしょうか。

実は美肌水というのは尿素グリセリン水溶液という名前の液体で、美肌に効果的な水です。

そこでこの記事では「美肌水とは?」という基本的な部分から「効果的な使い方」「注意点」「オススメの商品」の3つを紹介していきます。

「これさえ読んでおけば美肌水の全てが分かる!」といっても過言ではありません。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

美肌水ってなに?

使い方や注意点に入る前に、そもそも美肌水とは何かをご紹介します。

主成分や効果など、どのような物なのかを知っていないと記事の後半で詰まってしまうので、目を通してください。

1. 正式名称は尿素グリセリン水溶液

美肌水の正式名所は尿素グリセリン水溶液と言います。どこなくすべて聞いたことがある物から出来ていることから、実は手作りも可能です。

元々はアトピー性皮膚炎患者のために肌の保湿剤として作られたものですが、世の中には肌の悩みを抱える人がたくさんおり、そういった方にとても効果があったため話題になりました。

今ではアトピー性皮膚炎の方だけではなく多くの人が愛用しており、メディアでの紹介や書籍化されるなど、確かな効果が期待できるものとなっています。

2.尿素・グリセリン・水からできている

美肌水はシンプルに3つの成分から成り立っています。

1つ目の尿素は無色無臭の結晶で、私達の尿に含まれています。その正体はアンモニアやシアヌル酸など小学校の理科などでも耳にするものなのです。

2つ目のグリセリンは元々肌の保湿などに使われているので、こちらも何となく聞いたことがあるでしょう。ハンドクリームなどに入っています。

3つ目は私達の生活に欠かせない水です。美肌水に使われているからといって特別なものではありませんが、精製水がオススメです。

このように、誰でも知っている3つ成分からできているため、安心して使うことができます。

3.美肌を作る効果がある

美肌水には名前の通り、美しい肌を作る効果があります。

本来の役目である保湿はもちろんのこと、シミやニキビの問題も解決できます。

肌に悩みを抱えている人こそ使用した方が良いですが、まだそこまで気にしていない方にもオススメです。

特に肌が荒れやすい冬の時期などに使うと美肌を保てるので、ぜひ使ってください。

次ページ:美肌水の効果的な5つの使用方法

美肌水の効果的な5つの使用方法

せっかく美肌水を試すのであれば効果的な使い方を知っておく必要があります。美肌水でパパッと悩みを解決するためにも、必ず正しい使い方をしましょう。

1. まずは顔以外の場所で試す

肌の悩みと聞くと真っ先に顔が思い浮かぶ方が多いでしょう。しかし美肌水が肌に合っているか分からない状態でいきなり顔に使うのは効果的ではありません。

まずは他の部分で試してみて、肌に合っているかを確認しましょう。

美肌水はさまざまな効果を持っているので、かかとや膝などのボディにも使うことができます。

こうした顔以外で悩みのある部分で試して、異常が起きない場合は顔に使ってください。

2. 薄めて使う

美肌水は薄めて使うのが基本になります。

化粧水や乳液といった他のケア用品に比べて原液の状態では刺激が強く、肌にマッチしていたとしても濃い状態で塗るのは危険なのです。

特に顔に使用する場合は10~20倍程度に薄めて使うのがオススメで、他の部分は少し濃いめで塗るようにしましょう。

自分に合った濃さで使用してこそ効果的です。肌にしみない程度の薄さを試しながら見つけてください。

3. オリーブオイルと合わせて使う

水周りのことをしているとどうしてもアカギレを起こしてしまいますが、元々はアトピー性皮膚炎の方のために作られた美肌水はこうした傷にも効果があります。

しかし直接塗ると刺激が強すぎるため、オリーブオイルと合わせて使いましょう。

美肌水を塗る前にオリーブオイルで傷口を覆い、その上から使ってください。

4. 髪のケアに使う

美肌水は髪にも使えるほど万能です。

使用方法はシャンプーの後に薄めた美肌水を髪全体に馴染ませていくだけなのでとても簡単にできます。しかし頭皮の肌は弱いので、しっかりと美肌水を薄めてから使うことをオススメします。

また、髪全体に浸すのが面倒くさいからといって洗面器に入れて頭からかけるというのもNGです。

効果にムラが出ますし、他の部分にかかってしまうとトラブルの原因になります。手で馴染ませるのがベストでしょう。

5. コットンを使って塗る

美肌水は手で塗っても良いですが、コットンを使うとより効果的です。

手はどうしても雑菌がついてしまうために清潔ではなく、平らではないので塗る際にムラができてしまいます。

そのため、清潔かつ肌にしっかりと染みこませたい方はコットンを使ってみるのが良いでしょう。しかしコットンは良く染みこむ分、肌に与える刺激も多くなります。

よく薄めて使った方が安全に美肌を目指せるでしょう。また、同じコットンを何日も使っていては清潔ではなくなってしまうので、その都度交換するようにしてください。

次ページ:美肌水を使う際の3つの注意点

美肌水を使う際の3つの注意点

正しく使えば手軽に肌のケアができる美肌水ですが、間違った使い方をしてしまうとかえって肌の問題を増やすことになります。

そのために使う際の注意点をしっかり頭に入れておきましょう。

1. 自分の肌に合うように薄める

記事中でも何度か触れましたが、美肌水はとにかく原液のまま使うのは控えてください。

少しでも異常がある場合は使用を控えましょう。また、20倍に薄めてもしみるという方はさらに薄くしましょう。

とにかく美肌水を使う際は自分の肌に合った状態に薄めることを徹底してください。

2. なるべく早く使いきる

美肌水は一度作ればずっと使える物ではありません。しばらく経つと尿素がアンモニアなどに分解されてしまい、肌への刺激が強くなります。

原液は冷蔵庫での保存で約5ヶ月程度と言われていますが、少しでも異常があれば使用せず破棄した方が良いでしょう。

市販の製品には期限が書かれているので、そちらに従いましょう。仮に書いていない場合は使い始めを記録しておくことをおすすめします。

3. 使い過ぎない

美肌水がいくら効果的とはいえ、過度な使用は厳禁です。なぜなら尿素グリセリン水溶液の「尿素」には角質を剥がす力があるからです。

古い角質が取れるので美肌になりますが、使い過ぎると新しい物まで剥がしてしまいます。それによって肌がダメージを受けやすい状態になってしまうのです。

効果が期待できる美肌水3選

最後に効果が期待できる美肌水を紹介します。最初の美肌水選びの参考にしてみてください。

1. 自作する

美肌水は自作の物でも効果が期待できます。作る手間などはありますが、買うよりも安く済むのでオススメ。

材料は以下の通りです。

  • 水:200 cc
  • 尿素:50 g
  • グリセリン:小さじ1杯程度
  • 容器(スプレータイプがオススメです)

作り方は水に尿素をよく溶かして、グリセリンを加えてボトルを振るだけです。ぜひ作ってみてください。

2. 天使の美肌水 しっとりタイプ 尿素化粧水 310ml

市販されている美肌水の中ではトップクラスで愛用されている商品。値段も安く、うるおいを保つのはもちろん毛穴ケア効果も期待できます。

防腐剤使っていないため、期限が2ヶ月と決められていますが、逆に言えば本当に尿素・グリセリン・水の3種類で構成されているので、期限内なら安心して使えます。

お買い求めはこちら:

https://www.amazon.co.jp/tenshi-no-bihadasui-shittori

3.天使の美肌水さっぱり 310ml

天使の美肌水さっぱりタイプは、上で紹介した物と中身や効果は一緒です。

しかし暑い季節に嬉しい、しっとりタイプに比べてさっぱりと爽快感があります。

肌に合っていれば痒みが出ることもないため、安心して使ってください。

お買い求めはこちら:

https://www.amazon.co.jp/tenshi-no-bihadasui-sappari

まとめ

いかがでしたか?

今回は美肌水について様々な情報をご紹介しましたが、使い方や注意点について理解していただけたら幸いです。

今までは肌のケアをどうしよう、と悩んでいた方も、美肌水を正しく使えば解決できるでしょう。自分に合った濃さで使用して、美しい肌を目指しましょう。

スポンサーリンク