Home / 美容 / 脂性肌、オイリー肌さん必見!ケアして美肌を目指そう!

脂性肌、オイリー肌さん必見!ケアして美肌を目指そう!

今回はオイリー肌の方の為に、オイリー肌のメカニズムやよくあるトラブル、オイリー肌の原因を紹介していきます。悩みのメカニズムや原因を知る事で問題を解消しやすくなります。また、昔から肌の体質が変わらないと諦めている方も是非改善するためにチャレンジしてみてください。

特に化粧品関係は新しい商品や知識が多く誕生しています。ですから以前には無かった商品の登場や新しく発見された情報を見れば悩みを解決する方法も見つかる可能性があるのです。

スポンサードリンク

オイリー肌なあなたへ

肌質には4種類の肌質がありますが、オイリー肌の方は、肌質の中で最も自覚が多いと言われています。また、肌のトラブルが深刻化しやすいという特徴ももっています。肌トラブルが続くとストレスが溜まりますし、ストレスが溜まると肌に悪い影響を与えてしまうという悪循環がうまれます。

悩んでいる事を気にしないようにと言われてもなかなか難しい事だと思います。しかし悩んでも解決するという訳ではありません。ですからストレスをかかえないように、ある程度の楽観的な考えも大切だと思います。

脂性肌ってどんなもの?

先程言ったように肌質には4つの種類があります。普通肌、乾燥肌、脂性肌(オイリー肌)、混合肌の4種類です。オイリー肌の方は、いくつかの原因によって皮脂が過剰分泌になってしまっている肌状態のことを言います。この説明を聞くと乾燥肌とオイリー肌は真逆のような状態に感じられますが、そうではありません。

乾燥肌の定義は肌の水分量が30%以下の肌の事を言いますがオイリー肌の方でも肌が乾燥している場合があるのです。最近ではこのような方をオイリードライ肌とも言います。皮脂の分泌が過剰になってしまっいても水分量とは違うので、「オイリーー肌=乾燥肌ではない」という図式は当てはまらないので注意してください。

脂性肌のメカニズム

オイリー肌は皮脂の分泌が過剰になっていると説明しましたが、この分泌の原因になっているのがテストステロンやアンドロゲンという成分です。これらの成分は皮脂線を増やしたり、皮脂線の活性化の役割があります。更に、ストレスや生活習慣の悪化、遺伝などでも皮脂の分泌が過剰になりオイリー肌になってしまうのです。

オイリー肌になる時期

先程のオイリー肌になる原因になる成分が分泌されるピークがあります。それは思春期と30代後半~40代にかけての2回です。この2つの時期はオイルー肌になりやす時期と言われています。特に思春期にオイリー肌の傾向が強い方は40代くらいまで症状が続きやすいようです。

他にも元々遺伝で皮脂線が大きい方や、加齢で毛穴が開き皮脂が出やすくなるパターンもあります。年齢は誰もが重ねるものなので自分には関係ないと思わない事が大切です。

オイリー肌によくある肌トラブル

オイリー肌の方は肌のトラブルを起こしやすく、肌がテカる、ニキビが出来やすい、毛穴の黒ずみが気になる、など多くの症状に悩まされます。特に昔からオイリー肌の方は体質だから仕方ない、と諦めている方も少なくありません。ここれではオイリー肌のトラブルについて紹介します。

肌がテカる

オイリー肌を自覚しやすいパターンは、肌のベトベト感やテカり、などの見た目や不快感です。特に思春期の肌はホルモンバランスが乱れると、男性ホルモンが活発になり、皮脂の分泌が多くなりやすい時期です。ホルモンバラスが崩れると言えば加齢を想像していましたが、思春期でもホルモンバランスが崩れる事があるという事を知っておきましょう。

また、男女問わず思春期の時期に適切なスキンケアを知っている人、知らない人とでは、その後の肌の状態も大きく変わってきます。特に女性は化粧に興味が出てくる時期ですがスキンケアの知識は無いという方も少なくありません。

スキンケアを適切に行わないまま化粧をし続けると、肌の状態はどんどん悪くなっていきます。例えば毎日何度も皮脂をあぶらとり紙で拭き取ったり、化粧を頻繁に直したりです。というのも、化粧品の成分にはあぶら分が多く含まれているからです。元々デイリー肌で脂が過剰に分泌する肌に、あぶら成分が多い化粧を塗っているので更に肌にテカりやベトベト感を感じてしまいます。

このようにならない為に正しいスキンケアを行う事は勿論の事、仕事が終わった後はなるべく早く化粧を落とし、肌をケアする必要があるのです。

ニキビが出来やすい

ニキビが出来る原因は、アクネ桿菌という細菌が異常増殖したため発生します。このアクネ桿菌は正常は肌にも存在しますが、オイルー肌の方にはアクネ桿菌が増えやすい環境になります。10代のニキビは「思春期ニキビ」と一般的に呼ばれていて、成長期のホルモンバランスの乱れでニキビが発生しますが殆は自然と安定していきます。

次に10代を過ぎた頃に出来るニキビを「大人ニキビ」と呼びますが、こちらの原因はホルモンバランスの乱れを筆頭に多くの原因があり、治りにくいのが特徴です。更にニキビは白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビと3種類に分けることが出来、赤ニキビになると痛みが発生する事や炎症をおこす事もあります。

そしてニキビが進行すると跡が残る可能性も高くなってしまします。先程話したようにオイリー肌の方はニキビの原因となるアクネ桿菌が多くある為どんどんニキビが出来る状態になっています。特に思春期が過ぎてもニキビが出来やすい人はオイリー肌を疑う事や、一刻も早く改善するように日常生活に問題が無いかを考える機会にしてみてください。

毛穴の黒ずみが気になる

オイリー肌の方は毛穴の黒ずみ問題もとても多いです。特に鼻の先端の黒ずみはファンデーションを使っても誤魔化す事が難しい場所です。また、目立つからとファンデーションを塗りすぎると逆効果になるので、対策は非常に難しいです。元々鼻の先端は毛穴が広がりやすく、顔のTゾーンは皮脂が貯まりやすい場所でもあります。

毛穴の黒ずみの正体は毛穴に溜まった皮脂や汚れが原因です。そして一度黒ずみが出来てしまうと、ピーリングや洗顔で綺麗にしても時間が経てば元に戻ってしまうのです。ですから黒ずみの改善は肌にハリを持たせ、毛穴を引き締める事が有効です。黒ずみばかりに執着せず、肌全体のケアをする事で自然と気になりにくくなるのです。

オイリー肌の原因

オイリー肌の原因は遺伝や季節的なもの、間違ったスキンケア、偏った食生活など、多くの原因があります。ここではオイリーの原因になる行動や習慣を紹介していきます。正しい知識をみにつけ美肌を目指しましょう。

オイリー肌は遺伝?

顔の形や体質は勿論ですが肌質も遺伝する事はご存知でしょうか?ですから親がオイリー肌の場合は、自分もオイリー肌になる可能性が高くなるといえます。特に遺伝により皮脂線が大きいと、毛穴の開きも受け継いでしまい、肌がテカる、ベタベタするなどの症状が出てしまいます。

遺伝で体質などを受け継ぐのはどうしようもありませんが、悪い事ばかりではありません。親もオイリー肌ならこちらの悩みも理解してくれますし、改善方法や対処方を聞く事が出来るからです。また、親の世代と比べてスキンケアや美肌用品も進化しているので、昔では解決が難しかった事でも現代なら解決出来る事が沢山あるからです。

遺伝だから仕方ない、どうしようもない、と諦めるのは早いかもしれません。

年齢や季節的な事も

先程も言った通り思春期の方はホルモンの分泌が多く、不安定なので皮脂が活発になりニキビや肌の不快感などを経験する人も多いと思います。しかし20代になると女性ホルモンはエストロゲンという成分の分泌が増えます。このエストロゲンは皮脂を抑制する働きがあるので、10代はオイリー肌に悩んでいたけれど、20代になると症状が治ったという方も沢山います。

ですからオイリー肌でも、年齢的なものと思えば悩みも小さくなります。また、同じ一時的なもので季節も関係しています。それは夏です。気温が高く紫外線も増えるので、普通肌の方でも肌がベタつく季節です。ですからオイリー肌の方には特に辛い季節と言えるでしょう。

夏は汗をかくので、他の季節と比べて汗と一緒に皮脂の分泌も多くなります。汗は蒸発しますが皮脂は蒸発せず、肌に残ってしまいます。更に汗が蒸発する時は肌の水分が失われてしまいます。特に汗をかいた後に冷房が効いた部屋などで過ごしてしまうと、皮膚から非常に水分が奪われてしまいます。その結果、肌のバリア機能を保とうと皮脂が多く分泌されるという悪循環が生まれてしまうのです。

現代は温暖化の影響もあり年々気温が高くなっています。夏は熱中症にならないようにクーラーの効いた涼しい部屋で過ごすように、とも言われています。ですからクーラーを使わないという選択肢はかなり難しいでしょう。ならば汗をかいたらそのままにしない、肌に潤いを与えるなど、他の方法で皮脂の分泌を抑える方法を知っておく事が大切です。年齢や季節だけでなく、時代に合わせた肌のケアを心掛けましょう。

オイリー肌のケア

オイリー肌で悩んでいる方も、肌のケアをする事で症状の緩和や改善が期待できます。特に間違ったケアを行っている方はそのせいで症状が悪化しています事が多いようです。また、食べる物や食生活を見なおす事でも緩和が期待出来るので是非試してみてください。

クレンジング・洗顔から

皮脂が多いと汚れも付着しやすくなってしまいます。そして汚れが増えると菌の繁殖も増えてしまいます。ですからオイリー肌の方は肌の負担になるメイクを夜の22時頃までに落とす事が理想です。肝心のクレンジングは皮脂の為にオイルタイプを選ぶ方が多いですが、使うならクリームタイプかミルクタイプがおすすめです。

洗顔は添加物が少ない物がおすすめです。また、皮脂を良く落とす、などのキャッチコピーの物はスクラブ入りの物が多いので、力を入れすぎないように洗顔するようにしてください。汚れを落とそうと力を入れると肌にダメージを与えてしまいます。また、洗顔後に水分の蒸発を防ぐ為に、保湿も忘れないようにしましょう。

化粧品から

オイリー肌の方も普通肌の方と同じように、肌にダメージを与えないようにする、保湿を効果が高い物を選ぶ、肌に良い成分が入っている物を使う、など肌のケアをするように化粧品を選べば自然と改善されます。

特に気を付けるポイントは、オイリー肌の方は肌がベタつくので乾燥とは無縁と思っている方が多く、保湿に力を入れない方も多いです。しかし、脂と乾燥は別なので保湿を行わないと肌の乾燥が進み、更に脂が分泌される事になります。また、メイクはナチュラルメイクにして肌の負担を抑える事と、メイクの成分にも脂が入っているので濃く塗らないように注意してください。

食べ物から

私達は食べる物によって体が作られています。ですから食べる物を意識して選べば肌の状態も緩和する事が可能です。基本的にオイリー肌の方が避ける食べ物はスナック菓子や脂身の多い肉、乳製品や揚げ物などです。これらは多くの種類のあぶらが使われており、元々脂の多い症状で悩んでいる方が食べると逆効果になります。

逆に食べて欲しい食べ物はきゅうりや柑橘類、水分、緑の野菜などです。きゅうりは殆が水分で出来ていて、皮膚を潤し、体の老廃物を流してくれます。オレンジやパイナップルなどの柑橘類はデトックス効果やビタミンC効果で肌の余分な油や老廃物を流す働きがあります。

次に水分ですが、スープや野菜、果物のジュースなどを飲めば、体の水分を巡らせてオイリー肌改善に役立ちます。可能ならば温かいものをゆっくりと飲みましょう。最後に緑の野菜は繊維質なものが多く、食べる事で体から余分な油を絞り出す効果が期待できます。これらの野菜には脂分はほとんど含まれていないので多く食べても安心です。

生活習慣から

肌のトラブルの原因と言われる睡眠不足とストレス、乾燥した空気や環境などが改善するポイントです。多少のストレスは誰にでもありますし工夫次第で改善は難しくないでしょう。一方睡眠不足は仕事柄難しい人も多いと思います。可能であれば仕事の時間を短くして少しでも早く家に帰る、無理な場合は仕事を変える事を検討する事です。

仕事を変える事は難易度が高いですが肌の健康を取るか、仕事を取るかの問題です。出来る事なら両方を選びたいですが、無理な場合はどちらかを優先しなければならない場合もあります。上手く自分の時間を見つけて睡眠不足を解消しましょう。

まとめ

オイリー肌の原因やトラブル、改善策などを紹介しました。知っている事も多かったかもしれませんが、行動しなければ知らないのと同じです。また、睡眠不足に関して日本人は働きすぎるとよく言われていますよね。仕事が終わらず帰宅するのは日にちが変わってから、という方は睡眠時間を確保するのは難しいでしょう。

その場合は仕事の範囲を変えるか、仕事を変えるかの選択が必要になってくると思います。皆さん会社の為ではなく、自分の為に働いていると思います。寝る時間も惜しんで働かなければ機能しない会社なら、私はなくても良いと思います。せめて睡眠時間は確保出来るようにしましょう。


スポンサーリンク

Check Also

毛穴が詰まる原因と対策を徹底解説!

毛穴の詰まりがあるとメイクのノ …