Home / 旅行 / 全国各地の「美肌の湯」効き目、お値段、全てまとめてみました!!

全国各地の「美肌の湯」効き目、お値段、全てまとめてみました!!

国内旅行の宿泊先で気になるのは、何といっても温泉ですよね。その中でも、「美肌の湯」は女性にとって大きな魅力と言えます。温泉に浸かっただけで肌がすべすべになりそうな、あのとろりとしたお湯の感触は何とも言えない幸福感を感じさせてくれます。美肌効果を体感しながら、海や山の絶景も楽しめるような温泉があれば、旅行の満足度が倍増すること間違いなしですね。

とはいえ、日本全国にはどんな「美肌の湯」があるのでしょうか?週末などに家族や仲の良い女子グループで旅行を考えている方は、せっかくなら「美肌の湯」を選びたいですよね。そこで今回は、全国でも「美肌の湯」として人気を集めている温泉、効き目やお値段をまとめてご紹介したいと思います。温泉と美容に関心のある女性の方には、特に必見ですよ。

スポンサードリンク

そもそも、どんなお湯がお肌にいいの?

日本全国には数多くの温泉や「美肌の湯」を誇る温泉地がありますが、そもそもどんなお湯がお肌にいいのでしょうか?有名だからと何気なくお肌にいい気がしていても、意外とどんな風にいいのかと聞かれると分からないですよね。でも実は、「美肌の湯」と呼ばれるには、それだけの十分な理由があるのです。

「美肌の湯」を判断する基準として、温泉の泉質・PH値・メタけい酸・環境などの要素があるってご存知でしょうか?これらの条件を満たして初めて、お肌にいいお湯になり、ツルツルスベスベ感が感じられます。そこで、「美肌の湯」として人気のある泉質・PH値・メタけい酸・環境について、それぞれの特徴をご紹介していきましょう。

泉質

「美肌の湯」を選ぶ上で大切になってくるのが、泉質です。お湯に浸かって気持ちがいいと、何気なく「このお湯は泉質がいい」って感じるいことがあると思いますが、泉質の良し悪しを決める根拠って何なのでしょうか?泉質というのは、お湯の中に含まれるカルシウム・ナトリウム・マグネシウム・硫黄などの成分の含有量のことで、一般的にはアルカリ性や弱アルカリ性などで表現されます。

アルカリ性の湯の場合、ナトリウム成分を含んだ重曹泉や炭酸水素塩泉などが多く、お湯に浸かると肌がツルツルしたように感じます。ヌメヌメした感じがすることもあり、自分の肌でお湯の効果を実感することができます。泉質がアルカリ性の温泉には、皮膚表面の角質を柔らかくしたり、皮脂を溶かしたりする働きがあるため、美肌効果を感じやすいのです。

泉質には、アルカリ性単純硫黄温泉や低張性アルカリ性高温泉もあり、お湯に浸かるだけで汚れを落とすという性質があります。温泉の入り心地がとても気持ちよく、皮膚のクレンジング効果があるので、お風呂から上がるとツルツルする美肌効果が期待できます。つまり、「美肌の湯」の泉質は、ぬるっとしたような柔らかな肌触りで、アルカリ性の炭酸水素塩泉や重曹泉、硫黄泉のことなのです。

PH値

「美肌の湯」として人気のあるお湯は、PH値でも比べることができます。では、PH値とはいったい何のことなのでしょうか?PH値とは、水素イオン濃度指数のことで、アルカリ性温泉のいわゆるツルツルスベスベの程度を表しています。例えば、PH値8.5以上のお湯はアルカリ性単純温泉と呼ばれ、無色透明で湯疲れしにくいという特徴があります。

一般的に、名湯と呼ばれている温泉のお湯はPH値8.5以上のアルカリ性単純温泉であることが多くあります。簡単に言うなら、PH値の数値が高い方が、お肌はツルツルスベスベして、美肌効果が感じられると言うことができます。PH値の数値が高いお湯に美肌効果があると覚えておけば、分かりやすいですね。

メタけい酸

「美肌の湯」の元となっている「メタけい酸」という成分を聞かれたことがありますか?メタけい酸とは、温泉に含まれている天然の保湿成分のことで、温泉1kgに100mg以上「メタけい酸」が含まれていれば、美肌効果が高いお湯と言うことができます。「メタけい酸」には、肌の新陳代謝を促したり、ツルツルスベスベの美肌へ導く効果があります。

日本国内の温泉には、メタけい酸が豊富に含まれており、中には500mg以上も含まれているお湯もあります。メタけい酸の成分は一般的に泉質名には表記されていない美容成分で、温泉分析書には「非解離成分」の欄に含有量が記載されています。お肌のセラミドを整える作用があると注目されている、とても期待度の高い成分なのです。

メタケイ酸が豊富で有名な温泉は、どこにあるのでしょうか。メタけい酸の美肌効果で温泉を選ぶなら、群馬県の万座温泉がおすすめです。標高1800メートルという抜群のロケーションにあり、メタけい酸は258.6mgととても高い含有量を誇っています。泉質には硫黄が含まれているので、メラニンを分解してくれる美白美人の湯として有名です。美肌要素を期待できる、女性には嬉しい温泉と言えますね。

万座高原ホテル
住所 群馬県吾妻郡万座温泉
料金 1200円

環境

「美肌の湯」を選ぶうえで大切な別のポイントは、温泉の環境です。なぜなら温泉の環境や自然の地形が、温泉の泉質に大きく関係しているからです。自然環境に恵まれていない土地であれば、当然ながら体に良い温泉の成分も期待することはできません。また、温泉や露天風呂の雰囲気もとても大切な環境の一つです。のんびりラックスできる環境で温泉に入れば、それだけ全身が癒される気分になり、内側から美人効果をもたらしてくれるのです。美肌になるためには、気持ちから美しくなるのが大切ですね。

では、日本全国で環境の良い「美肌の湯」といえば、どの温泉なのでしょうか?環境でおすすめしたい温泉の一つは、島根県の玉造温泉です。玉造温泉は「温泉総選挙2016」で、うる肌部門第1位と環境大臣賞をダブル受賞しました。そのため、環境の良さが認められた日本一の美肌の湯として注目されているのです。玉造温泉の「美肌の湯」は科学的にも証明されており、全国的にテレビや雑誌でも取り上げられました。

玉造温泉の美肌の湯は1000年以上も前に書かれた出雲国風土記にも記録があり、昔から環境の良い温泉として知られていたのです。玉造温泉を訪れて、お湯を持ち帰るお客も多くいるほどです。玉造温泉は泉質がいいのはもちろんのこと、玉造の街並みの環境も見どころの一つです。川沿いに広がる街並みが素敵で、夜になるとライトアップされて、昼と夜で全く違った雰囲気を味わうことができます。環境の良い玉造温泉で、美肌の湯と街歩きの両方を楽しんでみてはいかがでしょうか?

玉造グランドホテル
住所 島根県松江市玉湯町玉造331
料金 1500円

まずは「日本三大美肌の湯」から!

「美肌の湯」を判断するのに、温泉の泉質・PH値・メタけい酸・環境などの基準があるとご理解いただけたことと思います。では、日本全国にはどんな「美肌の湯」があるのでしょうか?一般的に、「日本三大美肌の湯」と呼ばれているのは、これからご紹介する嬉野温泉、斐乃上温泉、喜連川温泉です。これらの温泉には美肌効果があり、肌がきめ細やかにつややかになる効果があると言われています。それでは、「日本三大美肌の湯」をそれぞれご紹介していきましょう。

嬉野温泉

「日本三大美肌の湯」として人気があるのが、佐賀県嬉野市にある嬉野温泉です。嬉野温泉の泉質はナトリウムを含んだ重曹泉で、トロトロとしたぬめりのある肌触りの良いお湯が特徴です。嬉野温泉のお湯には、お肌の余分な皮脂を乳化して洗い流す効果があります。

お湯から上がると、お肌がさっぱりとしてツルツルするのを実感することができます。また、角質化して固くなった皮膚を柔らかくして、お肌に潤いを与える効果も期待できます。嬉野温泉のトロトロの美肌湯と、スベスベになったお肌をお楽しみください。

嬉泉館
住所 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙
料金 600円

斐乃上温泉

「日本三大美肌の湯」として有名なのが、島根県にある斐乃上温泉です。斐乃上温泉の泉質は、アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性低温泉)で、肌触りが滑らかで癖のない良質な温泉です。温泉のお湯1kgに含有成分が1000mgあり、pH8.5以上の水素イオン濃度指数を誇っています。斐乃上温泉のお湯には美肌効果はもちろんのこと、神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩などの症状を緩和する効果が認められています。島根の山の中にある温泉ですが、定番スポットを離れて美肌の旅をしてみてはいかがでしょうか?

斐乃上荘
住所 島根県仁多群奥出雲町竹崎488‐1
料金 500円

喜連川温泉

「日本三大美肌の湯」の最後は、栃木県にある喜連川温泉です。喜連川温泉は、栃木県さくら市にある温泉で、ナトリウムやカルシウムを含んだ塩化物泉として有名です。喜連川温泉は日本三大美肌の湯として、全国各地の温泉地と協力やPRを行っています。

栃木県という恵まれた環境に囲まれているため、ゴルフやテニスなどのスポーツやアクティビティを堪能しながら、温泉で気持ちよく汗を流すという方は少なくありません。美肌になるために、適度な運動と美肌の湯でさらに効果を期待することができますね。喜連川温泉のお湯に浸かって、ゆっくりとおくつろぎください。

喜連川もとゆ温泉
住所 さくら市喜連川6620‐1
予算 300円〜600円

日帰りで行ける都内近郊の温泉、銭湯

温泉旅行をしたいけど、仕事や家事が忙しくてなかなか時間が取れないという方も多くおられることでしょう。そんな皆さんにお勧めしたいのが、都内から気軽に日帰りで行ける「美肌の湯」です。一日で楽しめる近郊の温泉や銭湯は意外と多くあります。美肌の湯で一番定番なのは、箱根温泉です。泉質・環境・美肌効果の全てにおいて抜群の温泉です。では、箱根温泉のお湯には、どんな効果があるのでしょうか?

箱根温泉の硫黄泉には、デトックス効果があります。便秘がちな女性の方は多くおられますが、入浴することでデトックス作用が期待でき、体の老廃物が出やすくなり、肌の調子が改善されます。また、箱根温泉の塩化物泉もおすすめで、カロリーを消費してエネルギー燃焼効果を高めてくれます。お湯から上がった後もぽかぽかした感じが続くので、美肌効果を長く楽しめるのもうれしいですね。

箱根温泉が有名な別の理由は、何といってもその恵まれた環境にあります。山々に囲まれた温泉だけではなく、箱根の街を散歩したりドライブしたりするだけで、自然に笑顔になって美人効果が得られそうですね。忙しくて時間がとれないとあきらめる前に、都内や自宅からでも気軽に行ける「美肌の湯」を見つけてみては、いかがでしょうか?

箱根湯本ホテル
住所 神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋97
料金 1080円

泉質別美肌の湯ランキング

温泉のお湯には泉質があって、いろいろな効果をもたらしてくれることをご紹介しました。でも実際に、どの泉質が美肌効果をもたらしてくれるのでしょうか?異なる泉質には異なる効果・効能を期待することができますが、すべての泉質が自分の肌に合っているとは限りません。時には、泉質や肌質によって、かえって肌にかゆみが出てきたり、カサカサになってしまうこともあります。美肌の湯を選ぶポイントは、自分の肌の状態にあった泉質の温泉を見つけることが大切なのです。ここでは、炭酸水素塩泉・二酸化炭素泉・塩化物泉に注目して、それぞれの泉質についてご紹介したいと思います。

炭酸水素塩泉

炭酸水素塩泉は、ナトリウム成分を豊富に含んだアルカリ性のお湯で、お肌の表面を柔らかくして滑らかにする効果があります。なめらかな美容液のような温泉と言われることもあります。炭酸水素塩泉は重炭酸土類泉とも呼ばれており、カルシウム炭酸水素塩泉とマグネシウム炭酸水素塩泉、ナトリウム炭酸水素塩泉に分けられています。炭酸水素塩泉には鎮静効果があり、リラックスすることができます。

炭酸水素塩泉には、皮膚の古い角質を柔らかくして、皮脂や汚れを乳化して石鹸のように洗い流してくれます。そのため、お湯から上がるとお肌の表面がすべすべしたように感じられ、さわやかですっきりした状態に整えてくれます。美肌効果だけでなく、新陳代謝のアップや保温、便秘解消などの効果も期待できます。炭酸水素塩泉として代表的な温泉地には、中善寺温泉などがあります。炭酸水素塩泉のお湯で、ハリのあるお肌を回復してくださいね。

中禅寺温泉 ホテル湖上苑
住所 栃木県日光市中宮2478
料金 700円

二酸化炭素泉

二酸化炭素泉は、入浴すると全身に炭酸ガスの泡がつくのが特徴です。また、お湯の温度が高いと炭酸が気化して消えてしまうので、低い温度で入るという特徴もあります。二酸化炭素泉に入ることで、むくみを解消したり血行を促進することができ、美肌と健康をアップすることができます。二酸化炭素泉に入ることでリンパの流れが促進されるので、老廃物を排出して体の内側から美肌効果を得ることができます。

塩化物泉

塩化物泉には、入浴すると塩分が肌表面に付着して、体全身をぽかぽかにして湯冷めしにくいという特徴があります。お湯から上がったとでも、お肌の乾燥や汗の蒸発を防いでくれるので、しっとりとした状態が続き、乾燥肌を改善するのに効果的です。塩化物泉の主成分は塩分なので、少し塩辛いお湯ですが、冷え症やカロリー消費などの効果を期待できます。

保湿効果、保温効果が期待できるので、冷え症で肌の乾燥を改善したい女性の方には特におすすめです。塩化物泉の温泉地として有名なのは、湯本温泉・宮ノ下温泉・強羅温泉・仙石原温泉・蛸川温泉・底倉温泉などがあります。エネルギー消費を助けてくれるので、ダイエットしたい方にもおすすめの温泉です。

箱根宮ノ下温泉
住所 神奈川県箱根町宮ノ下
料金 1000円

まとめ

今回は、全国の「美肌の湯」をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?これまで何気なく肌にいいと思っていたお湯に、きちんとした理由があることをご理解いただけたことと思います。女性の方にとっては、温泉に浸かりながら美肌効果が得られるなんて、考えただけでも嬉しくなりますね。ちなみに、温泉は3分使って少し休み、5分入ってまた休み、また3分入るという入り方を繰り返すと、より美肌効果が期待できるそうです。日本全国の「美肌の湯」を訪れて、健康的でスベスベのお肌を手に入れてみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク

Check Also

洗顔で毛穴の黒ずみ・広がりを減らす方法!

洗顔が間違っていたり、十分な洗 …