Home / 美容 / 意外と知らない美白クリームの秘密

意外と知らない美白クリームの秘密

あなたは、美白クリームをどのように選んでいますか?美白成分にも色々ありますが、何となく商品を選んでいませんか?美白クリームは効果がある商品ほど、成分濃度が高かったり、肌に刺激が強いと言われていますが、本当のところどうなのでしょうか?美白クリームを間違って使うと、効果が半減するどころか、肌に負担になってしまい、結果肌荒れの原因になります。

また、美白クリームは、しみの予防が中心で、既に出来てしまったしみには全く効果がないものなのでしょうか。今回は、美白クリームにスポットをあてて、美白クリームについてまとめてみました。

スポンサードリンク

美白クリームとは?

女性なら誰でも白くて綺麗な肌に憧れますよね?ドラッグストアにもたくさんの美白化粧品が並んでいますが、たくさんの種類があり、どれを選んだらいいのか難しくありませんか?成分だけを見て選ぶのか、効果だけで選んで良いものなのか迷ってしまいます。美白クリームは乾燥しやすいと聞いたことがありますが、乾燥肌の人は避けた方が良いのかなど、わからないことが結構あります。

美白クリームには、どのような成分が配合されているのか。また、しみ対策に良いとされる美白化粧品は、出来てしまったしみにも効果があるのかなど、疑問に思っている人へ、情報をまとめてみました。

美白成分

美白クリームの主な成分は、「アルブチン」や「トラネキサム酸」、「プラセンタエキス」、「ビタミンC誘導体」などです。「ビタミンC誘導体」は美白以外にも美肌効果が高いと言われていて、肌に良いとされる「ビタミンC」を、皮膚内部に浸透しやすくしたものです。化粧水によく使われている成分です。

「アルブチン」は、主にしみの生成を防いでくれる働きがあります。「トラネキサム酸」も、特に肌の炎症時に発生するメラニンの生成を抑制して、しみを防いでくれる働きがあります。また、「トラネキサム酸」は「肝斑」という主に女性ホルモンが原因とされ、他のシミとは違う種類のしみに効果があるとされ、現在は、「肝斑」の治療にも使用されています。

「プラセンタエキス」は豚の胎盤などから抽出される成分で、肌のターンオーバーの促進や抗酸化作用により、しみを予防してくれます。その他にも、以前は皮膚科で処方されていた「ハイドロキノン」は、出来てしまったしみにもとても効果があります。

メラニン生成抑制

しみとは、皮膚の中にメラニン色素が蓄積され、地肌の色よりも濃く見える部分のことを言います。メラニン色素は、私たちの肌の色や髪の色などをつくる成分のことですが、その成分を抑制する働きが、美白クリームにはあります。美白クリームには、メラニン生成抑制の働きがありますが、それはあくまでも予防効果であって、出来てしまったしみに対しての効果は期待できません。

美白クリームが出来ること

美白クリームが出来ることは、主に4つあります。1つ目は、「メラニンの生成抑制」です。メラニン色素の蓄積を抑えてくれる働きです。2つ目は「メラニンの排出を促進」してくれます。メラニンが排出されないまま、肌に残ってしまうと、メラニンだけ作り続けられた結果、メラニンが肌に沈着してしみになってしまいます。「メラニンの抑制と排出」の2つを合わせて行うことで、美白効果がアップします。

そして、さらに美白クリームに期待できることは、「肌を明るくする」ことと、「しみができにくい肌にする」ことです。自肌の色より白くする働きはありませんが、元の肌色を取り戻すことができるのが、美白クリームの良さです。

美白クリームが良い理由

化粧水や美容液にも、美白成分が配合されているものが多数ありますが、美白クリームは万能さが人気です。クリームタイプは何といってもテクスチャーにカバー力があり、スキンケアの最後に使ったり、気になる部分に重ねづけもできます。また、以前は皮膚科で処方されていた「ハイドロキノン」という成分が、配合されている美白クリームが、既にできてしまったしみにもとても効果があります。

「ハイドロキノン」は皮膚の漂白剤と言われるほど強力な美白成分です。ただし、肌を整える働きはありませんので、肌全体に使ってしまうと、逆に健康な肌にまで負担をかけてしまうことがあります。「ハイドロキノン」配合の美白クリームは、日中は使えず夜のみの使用になります。美白クリームに配合されていれば、しみにピンポイントで使えますので安心です。

美白クリーム選び方

美白クリーム選ぶ時は、「医薬部外品」などの表示を確認し、美白に有効な成分が配合されているクリームを選びます。そして、使用する部位によってクリームを選ぶ必要があります。美白クリームは、顔用とボディ用があり、兼用して使うことはおすすめできません。

ボディ用の美白クリームは、刺激が強く顔に使用すると肌荒れの原因になってしまうことがあるからです。また、顔用の美白クリームを使っていて、あまり効果がない場合は、美白クリームの成分を再度確認して、違う成分の顔用美白クリームを使ってみましょう。ボディ用の美白クリームは、たっぷりと使える量が必要なので、コスパの面で選んでみてはいかがでしょうか。

顔用美白クリーム6選

美白クリームの美白成分は、肌を白くしてくれるものではなく、過剰なメラニン色素の生成を抑制するものです。また、しみ対策はただ美白クリームに頼るだけでなく、普段の生活習慣や紫外線対策をしっかりすることが大切です。あなたの美白の願いを叶えてくれるような、優秀なおすすめ顔用美白クリームをご紹介します。

資生堂 HAKU

「HAKU」は資生堂の美白の特化したブランドです。美白有効成分の「4MSK」や「トラネキサム酸」を配合しています。美容液ですが、クリームみたいなテクスチャーで、保湿力もあります。独自の「3Dターゲティング処方」で、肌の奥までしっかり美白成分を浸透させます。パックのように肌の気になる部分にしっかり密着してくれます。(価格:10,800円(税込))

7日間試せるトライアルセットもあります。化粧水、美容液、乳液がセットで、1,080円です。

→ 資生堂 HAKU

サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト

敏感肌専用ブランドの「DECENCIA(ディセンシア)」のシミ改善美白クリーム「サエル ホワイトニングクリーム クリアリストは、医薬部外品です。ノンアルコールで無香料なので、肌に優しい使い心地です。美白有効成分の「ビタミンC誘導体」や、普通のセラミドの4倍もの浸透力がある保湿成分「ヒト型セラミド」が贅沢に配合されているので、美白と保湿の両方を実感することができます。(価格:5,400円(税込))

10日分のトライアルセットがあり、初回限定1480円(税込)で送料無料でお試しできます。

サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト

アスタリフト 美白クリーム

富士フィルムの「アスタリフト美白クリーム」には、美白有効成分「アルブチン」、「ビタミンC誘導体」と保湿成分「アスタキサンチン」、「コラーゲン」が配合されています。美白の有効成分をナノ化しているので、肌に浸透しやすくなっています。伸びが良くて、クリームにありがちなこってりという感じがなく、使いやすいテクスチャーのクリームです。定期購入がお得です。(価格:5,400円(税込))

また、この美白クリームと美白化粧水、美白美容液、先行美容液が入った5日分のお得なトライアルセットが、初回限定1,000円でお試しできます。

アスタリフト 美白クリーム

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

ビーグレンの「Qu Someホワイトクリーム1.9」は夜用クリームです。美白有効成分の「ハイドロキノン」と「ビタミンC誘導体」を配合しています。ハイドロキノンは肌への負担がない配合率になっていて、成分を深く浸透させる独自の技術で、美白と肌のハリが実感できる美白クリームです。乾燥肌の人もピンポイントで使用できます。(価格:6,480円 (税込))

トライアルセットもあります。ビーグレン ホワイトケアトライアルセットは、クレイウォッシュ、ホワイトローション、Cセラム、ホワイトクリーム1.9、モイスチャークリームがセットで、1,800円です。

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

ポーラ ホワイトショットSX

「ポーラ ホワイトショットSX」は、ポーラの最新技術をふんだんに使った少しコクのあるクリームで、しみのピンポイントで使用できます。ポーラが独自開発した美白成分「ルシノール」が配合されていて、メラニンを抑制してくれます。「ビタミンC誘導体」がメラニンの生成を抑え、2つの成分の相乗効果でしみができにくい肌にしてくれます。

ナノカプセルに美白有効成分を包みこみ、ピンポイントで肌をケアしてくれます。ネットの口コミでも、「肝斑に重なって出来た細かいしみも、だんだん目立たなった」と評判です。(価格:ジュニアサイズ10gが7,020円(税込)、レギュラーサイズ20gが12,960円(税込))

ポーラ ホワイトショットSX

アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレート HQ110

ドクターズコスメ「アンプルール」の夜用集中美容液です。美白有効成分に「新型ハイドロキノン」が配合されています。「浸透型コラーゲン」や「スクワラン」も配合されているため、同時に乾燥も防いでくれます。特に、美白クリームの保湿力が心配という人におすすめです。定期購入もありお得です。(価格:10,800 円(税込))

トライアルセットもあり、メイク落とし、洗顔、化粧水、美容液、乳液が入って1,890円です。

アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレート HQ110

ボディ用美白クリーム6選

アルビオン ホワイトニングボディミルク

アルビオンの「ホワイトニングボディミルク」は、肌につやと透明感をあたえてくれるボディ用薬用美白乳液です。みずみずしいテクスチャで、肌に膜をはってくれるような感じです。フローラルの香りが人気です。(価格: 6,480(税込))

アルビオン ホワイトニングボディミルク

マニス ホワイトニングボディクリーム

美白有効成分は「アルブチン」、保湿成分は「エーデルワイスエキス」と「スクワラン」を配合しています。サラッとしたテクスチャーと、カミツレの香りに癒されます。

マニス ホワイトニングボディクリーム

シーボディ イルコルポ ミネラルボディシャインジェル

「イルコルポ ミネラルボディシャインジェル」は、色素沈着に着目して、開発された商品です。「プラチナナノコロイド」「アルブチン」「プラセンタ」など、27種類の美容液成分が配合されています。伸びの良いジェルで、べたつかずにサラっとした肌になります。ユーカリを基調とした香りです。紫外線を浴びてしまった後のケアや、顔にも使用できます。(価格: 5,940円(税込) )

シーボディ イルコルポ ミネラルボディシャインジェル

オルビス ボディホワイトニングジェリー

オルビスの「ホワイトニングウォータージェリー」は、紫外線のダメージをケアするボディ用薬用美白ジェルで、メラニンの生成を抑制し、しみやそばかすを防いでくれます。美白有効成分「アルブチン」配合で、紫外線を浴びてしまった後も肌につけると、ひんやりとした冷感ジェルで、ダメージから肌を守ってくれます。ボディの美白だけではなく、保湿もしっかりしてくれる便利な商品です。(価格: 1,814円(税込))

オルビス ボディホワイトニングジェリー

クラランス セラム コール ポー ヌーヴ プリュス

クラランスの「セラム コール ポー ヌーヴ プリュス」は、透明感のある肌を保ってくれるボディ用美容液です。肌のキメを整えてくれて、乾燥や衣服のこすれなどの刺激から肌を守ってくれます。少量でものびが良く肌に馴染ませやすいです。(価格: 9,320円(税抜))

クラランス セラム コール ポー ヌーヴ プリュス

使用時の注意点

しみ対策には心強い美白クリームですが、使用時に注意していただきたいことが何点かあります。正しい使い方で、しみのない健やかな肌を目指しましょう!

保湿を十分に行う

美白クリームは、十分に保湿を行ってから塗りましょう。顔用の美白クリームの使うタイミングは、夜のスキンケアの一番最後に使います。美白クリームに配合されているビタミンCは、日焼けがしやすくなったり、シミができてしまうこともあるので、注意が必要です。体も顔と同じく十分に保湿した状態で塗ると効果がアップします。1番乾燥しているお風呂上がり、肌が少し濡れているくらいの方がよく馴染みます。

気になる部分に重ねづけ

特にシミが気になる部分には、少し多めの量を重ねづけしましょう。さらに、時間があればその上からラップをして、10分~15分おいておきます。美白成分の浸透率がアップし、お手軽なパックとしても使えます。

美白成分の併用

複数の美白成分を併用した場合、安全性が確認されていません。3種類以上の美白成分が入っているクリームや、高濃度の美白成分と他の美白成分の併用は、肌に負担がかかるのでなるべく避けて下さい。

日焼け後のケア

美白クリームは、日焼け後にすぐに使うのは避けた方が良いです。日焼けはやけどと一緒です。しっかりと日焼け後のケアをして、肌が落ち着いてきたら、美白クリームを使うようにしましょう。

まとめ

美白クリームは、正しい使用方法で憧れの美白の肌に近づけるかもしれません。また、美白クリームが一瞬でしみをなくしてくれる訳ではありません。継続して使用することで、悩みを改善していく手助けをしてくれます。また、自分にあった美白クリームを見つけるには、トライアルセットなどで、色々試してみることをおすすめします。


スポンサーリンク

Check Also

毛穴が詰まる原因と対策を徹底解説!

毛穴の詰まりがあるとメイクのノ …