Home / 恋愛 / 50代からの恋愛と晩婚のメリット・デメリット

50代からの恋愛と晩婚のメリット・デメリット

旅行、恋愛、仕事、趣味…。自分のやりたいことをとことんやってきた。しかし、ふとこれからの人生を考えると、不安になってしまうことはありませんか?

だれかと一緒に過ごしていきたい、と思う一方で、これまで経験してきた恋愛のストレスや辛さを考えるとなかなか…、と恋愛に億劫になっている方もいるのではないでしょうか?

50代からの恋愛は、あなたがこれまで経験してきた恋愛とは全く異なるものになるでしょう。50代からの恋愛のカタチ、そして晩婚のメリット・デメリットについて紹介します。

スポンサードリンク

50代からの恋愛のカタチ

大人ならではの恋愛

気持ちがあればまだ恋愛できる

50代の恋愛というと静かな落ち着いた感じを想像します。若い時のように情熱的な付き合いではなく、大人として節度を守ったものになりそうです。初めて恋愛するという人は稀で、これまでにはいろいろな経験をしてきていることでしょう。

だから相手に対して寛容になれるし必要以上に相手に何かを求めたり束縛するようなことはしないはずです。割り切った付き合いができるでしょう。 子供を産んで育てるには遅い年齢だし、前のパートナーとの間に、お互いに子供がいたとしても、もう成人しているような年齢です。お互いの気持ちさえあれば恋愛できます。

誰かと寄り添う安心感

では何を求めて50代から恋愛するのでしょう?一人では寂しいから家族がほしいとか、将来に備えて心の支えや面倒をみてくれる人が欲しいという理由でしょうか? ただそばにいて安心を得たいということもあるでしょう。もし一人暮らしであったならばふとした瞬間に誰かがいてくれたらと思うはずです。

わたしは大学生の頃一人暮らしをしていました。時間を自由につかえるしお世話をする人もいないので基本はすごく楽です。でも具合が悪い時や疲れて帰った時、家族がいてどうしたの?と聞いてくれたらいいのにと思うことは時々ありました。

これまで一人が楽で結婚をしてこなっかたけれど、歳をとってずっと一人でいるのは不安だとか、今まで家族と暮らしてきたが子供は自立し、妻または夫とは別れたので人恋しいなど改めて家族とよべる人が欲しいと思うのではないでしょうか?

好みのタイプも若い頃とはかなり違ってきます。残された人生を一緒に歩んでくれる誠実な人だったり、手料理を作ってくれる家庭的な人だったりと安心して穏やかな生活を求めるはずです。もし偶然に趣味が合えば、静かな中にも楽しみが生まれます。

個を尊重し合う関係

子はかすがいといいますが、子供がいなくても相手を思いやり趣味を楽しんで一人でいる時の何倍も楽しい人生になりそうです。 個々の自由も大事にできます。お互いに相手を尊重できるので一人の時間も大事にしてほしいと思いやれます。もしこれが若い夫婦なら自分が大変な思いをしている時に一人で自由な時間を持つなんて許せないといったことのなりかねません。

お互いの親との付き合いもほぼないと言えるでしょう。50代の親なら70代80代です。もういい年をした子供がだれと付き合っていようと関与はしてきません。この問題も若いうちはかなりトラブルになる要因です。お互いはうまくいっているのに相手の親と折り合いが悪いことはよく聞く話です。

そう考えると50代はまさにトラブルにまきこまれず自由に恋愛ができる最高の年齢です。 お互いの気持ち以外何も気にすることなどありません。周りになんといわれようとお互いが楽しく幸せならばそれでいいのです。

恋愛に億劫になってしまったあなたへ

枯れた心…リフレッシュできる?

生活が安定することで体を思いやり健康になることもあるだろうし、生活にはりがでます。私は45歳ですがもう誰かと付き合うことなどとても考えられません。今から出会って新たに関係を始めるなど気が遠くなります。枯れたダムのように気持ちが干上がってしまいました。

今ある生活を壊さず大事に守っていくことだけを考えています。でも今から恋愛をしようと思っていたとしたらどうでしょう。もっと顔やヘアスタイルにお金をかけおしゃれをして外にでます。もう歳だからということはできるだけ言わず新しいことに挑戦したいと思うかもしれません。

どう考えても若返りそうです。健康にもとても良さそうです。このエネルギーは既婚者には縁遠く感じます。その体験がこれからやってくるのです。考えただけでわくわくしてきます。若い頃は歳をとることが嫌でしたがこんな自由が待っているなら怖いことなどありません 。

出会いのため、一歩踏み出してみる

結婚相談所では結婚を希望するたくさんの登録があります。その気になれば趣味の合う人や自分と考えの近い人も簡単に探すことができるのです。

もちろん結婚相談所なので結婚を前提にということにはなりますが、嫌ならばやめればいいのです。出会うことが大事です。運命の出会いがあるなら何歳であっても出会いたいものです。後は実際に勇気をだして一歩踏み込むかどうか です。

歳をとると最初の一歩が億劫になります。このままでは嫌だけれど行動する気持ちを起こすことも大変だというのが多くの人がもつ一般的な考えです。しかしこれもまた嫌ならばやめればいいのです。これまで慎重に行動し、たくさん我慢や努力はしてきたはずです。

だからこれからはそこは重要ではありません。チャンスをつかめるならと思ってとりあえずやってみることが大事です。うまくいかなくてもがっかりすることはありません。今までの自分であれば挑戦などすることもなくあきらめてしまっていたことです。言ってみればおまけのようなものです。

チャレンジを楽しむくらいの気持ちでトライしてください。頭であれこれと考えるのはやめましょう。出たとこ勝負で幸せをつかみとろうではありませんか?

50代以降の晩婚を考えてみよう

晩婚化の時代

男性の草食化現象

いま、晩婚化していると言われています。 その理由は様々なことが挙げられています。 たとえば、男性が昔と比べて草食化していて、出会いから恋愛に発展するということが少なくなっているということもあります。

肉食系が多かった時代は、ナンパやコンパなどが盛んに行われていて、そこでの出会いも多かったのです。

世の不景気

また、不景気で、なかなか結婚に踏み切れない、といった経済的な理由もあります。 結婚するにあたり、家庭を築いていくためには経済力も必要ですし、子供を育てるとしても、お金がかかりますので、そのイメージがわかないということで、結婚に踏み切れないこともあります。

ゆとり世代

その他には、ゆとり世代が増えていることもあり、我慢ができない、自分のために稼いだお金を自分だけで使えて、独身貴族を満喫してしまっていて、一人でいる方が気楽でいいという方も増えています。

そんな流れもあり、晩婚化が進んでいますが、良いこともあれば、悪いこともあります。 メリット、デメリットを、両方の視点から見てみましょう。 まず、若い時期に色々なことが経験出来るという点です。

晩婚のメリット

やりたいことをやりきってから結婚できる

たとえば海外旅行、バックパッカー含めですが、放浪の旅、結婚していてはできないこと、またさまざまな事に挑戦するという機会が得られるのも、結婚していてはできないこともあります。

やはり責任をともなうこともありますし、相手がいるという結婚は制限も出てきてしまいますので、やりたいことを若い時にできるというのは、晩婚のメリットでもあります。 次に、精神的に成熟した状態で結婚ができるという点です。

二人とも若い場合、またどちらか若い場合は、精神的にもまだ成長していないこともあり、すぐ喧嘩してしまったり、相手のことを認められない、受け入れられないということもあります。 社会経験も豊富だったりしますので、色々な方との出会いもあります。

その分パートナーのことも、すべての面を含めて認められるといったこともあります。

安定した収入

経済的に安定した状態で結婚ができるというのもメリットです。 収入は、会社員であれば年齢とともに上がっていきますし、若ければ若いほど、まだ経済的にも安定していなかったり、収入が少ないということもあります。

その状態で子育てをすることになれば、毎月使えるお金も少なくなりますので、生活のレベル自体も若いうちの結婚ですと、低くなってしまうこともあります。

安定した経済状態で結婚できることになりますので、教育費の点でも充実させてあげられたりマイホームをすぐに持つことができるといったこともあります。

晩婚のデメリット

妊娠・出産のタイムリミット

一方デメリットもあります。 晩婚のデメリットとして、1番大きな壁になるのが子供のことです。 女性は特に妊娠出産のことを考えたときに、タイムリミットが発生してしまうことがあります。 生理があがってしまえば妊娠できませんし、そうでなくても、35歳をこえてくれば高齢出産のリスクがあります。

さらに、妊娠の確率もそのころから徐々に低下してしまうということもあり、子供が欲しいと思っている夫婦ですと、結婚が遅くなってしまいますと、妊娠、出産のことがしばらくは中心になってしまう、焦ってしまうということもあるでしょう。

不妊でなやんでいる夫婦が多いという背景には、結婚が遅く、妊娠がなかなか出来ないことも関係しているのです。 もちろん子供を産める人数にも、タイムリミットがついてきますので、子供がたくさんほしいと思ってもそれがかなわないこともあります。

ピークを過ぎた体力と収入

子供ができたとしても、体力が追い付かないという方はとても多いです。 育児で一番体力を使う時期に、中年を越していることになりますので、体力的にかなりきつくなります。

子供の教育費が1番かかるときに下手したら定年してしまっているという旦那さんがいるというのも今は増えていますし、あり得る事です。計画的に貯金をしたり、生活費をどうするかといったことも、結婚する前に考えておく必要があります。

人生で一番大きな買い物とも言われている、マイホームを購入する際にも、35年のフルローンで組んでしまいますと、定年後ということになってしまう可能性もありますので、その点も考えていかなければなりません。

パートナーの介護

晩婚同士ではなく、どちらかが離れて年上といった場合、若い方の方が残されてしまうのが長くなるということもあります。

愛に年の差なんて関係ないといっても、どちらかがかなり年上ですと、介護する可能性も出てきますし、介護までの期間も短くなるということも分かったうえで結婚ということになります。

このように、健康面や体力面、経済面、子供のこと、これらが中心になりますがデメリットもあります。

まとめ

メリット、デメリットはそれぞれありますし、一度しかない人生ですので、結婚する前に自分のやりたいことをやって前に進むのか、子育てを終えてから若いうちに色々な事をして夫婦の時間を満喫するのかという選択肢といっても良いでしょう。

50代からの恋愛や晩婚は、20代や30代でしてきた恋愛よりも、ストレスが少なく、1歩踏み出してみれば、意外にスムーズに進むかもしれません。これまで1人の時間を満喫してきたあなた。これからは、誰かと寄り添いながら過ごすのもいいのではないでしょうか。

誰かと出会い、その人と2人で過ごしていける時間は有限です。まずは、新しい出会いのために、1歩踏み出してみませんか?


スポンサーリンク

Check Also

東大生男子との合コンのススメ

日本の学問の最高峰、東大男子が …