Home / 子育て / 今更聞けない出産祝いのマナーともらって嬉しい出産祝い特集

今更聞けない出産祝いのマナーともらって嬉しい出産祝い特集

友達がもうすぐ出産。だから、お祝いをしなくちゃいけないんだけど、正直よく分からない。何が喜ばれるのかな?それにいつ渡したいい?こちらには経験がないから、分からないことだらけで戸惑ってしまう。モノ?やっぱりお金?と悩んでいるあなた。そうですよね、出産祝いのマナーって言われても、正直よく分からないですよね。

そんなあなたに、ここでは今更聞けない出産祝いのマナーや、タイミング、もらって嬉しいものや、正直困ったプレゼントなどを紹介します。贈る時のマナーやポイントを押さえておくと、相手に喜んでもらえ心に残るプレゼントになります。せっかくお金を出すのですから、喜ばれるものにしたいですよね。ぜひ、失敗しない出産お祝いの参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

出産祝いに関するマナー

出産のお祝いに関するマナーは、いくつかあって主に、形式、タイミングと贈り物選びの注意点などに関してです。他のお祝い、例えば結婚のお祝いとは違う大事なポイントがあります。今から順にみていきましょう。

出産祝いの形式

出産祝いの形式は主に3つあります。まず、現金や商品券を贈る、というもの。次に、お祝いの品を贈るというもの。そして、祝電や手紙などのお祝いのメッセージを送るというものです。一番多いのは、お祝いの品もしくは現金を贈る、というものですが、関係や個々の状況により、メッセージだけでも差し支えありません。

出産祝いを送るタイミング

出産のお祝いを贈るマナーのなかで一番大切なのが、この贈るタイミングです。これを間違うと、あとでかなしい思い出になってしまう様なケースまででてきますので、充分注意しましょう。出産祝いとは、文字通り出産したことに対する、新しい命の誕生をお祝いしてのものですので、贈るタイミングはもちろん「出産後」です。

時々、妊娠したことへの知らせを聞いた時に「おめでとう」と言って、お祝いを早々と用意される気の早い方がいますが、あくまでお祝いをするタイミングは出産後。それも、「無事に元気な赤ちゃんがうまれました」という知らせがあってからです。このお知らせがあるという事は、母体の健康も良好と判断してよいと思います。

どのくらい近しいかの関係にもよりますが、だいたい出産の知らせは、出産から1週間から10日程である場合が多いので、知らせがあってからは、なるべく早く、1か月以内に贈りましょう。

プレゼントを選ぶときの注意点

出産祝いの贈り物は、日常的に使える実用的なものが好まれます。またその品物が、他の人とのお祝いで重なったとしても、困らないいくつあってもいいものが良いですね。新生児用のベビー服は、生まれた時の体重にもよって全く使えない、なんてこともありますので、避けた方がベター。ベビー服を贈りたいなら、サイズは少なくとも80㎝以上が良いでしょう。

訪問をする際のマナー

出産のお祝いを贈るのに、デパートや通販などの配送システムを使わずに、直接渡す場合もあるかと思います。出産後の病院を訪問したり、産後に自宅や実家へ伺うというケースです。それぞれに、一応守りたいマナーのようなものがあります。

病院を訪問する場合

病院へ訪問するのは、赤ちゃんを産んだお母さんである本人から直接連絡があり、「赤ちゃんを見に来て」と言われた時だけです。このケースは、母親である人とかなり親しいケースに限られるでしょう。この時、お祝いを持っていくなら、できるだけ嵩張らないものにしましょう。

病院でスペースが無かったり、持って帰る手間が増えるので、ある程度の大きさのあるものなら、後日自宅に送るのがベスト。

例えば、出産した母親の親族などから、「病院に来てやって」と言われても、当事者であるその方の了解済みとは限りません。出産後と言うのは、母子ともに健康といっても、体調面や心理面で色々ナーバスな時期です。

特に初めての出産では、これからの赤ちゃんへの責任感に押しつぶされそうになったり、体調もまだ万全とは言えない時期。病院にいるという事は、出産してまだほんの2日か3日というくらいなので、よっぽど親しくない限り避けた方が賢明。

いずれにしろ、基本一人で、もしくは出産者本人に誘われた友達同士で訪問し、自分のパートナーや子供連れで行くのは厳禁です。会う直前には手を消毒すること。

ご自宅を訪問する場合

自宅を訪問してお祝いを渡すのも、おおよそのことは病院と似ています。出産した本人から「来て」という連絡があったら、お祝いを持参して訪問します。訪問する日の朝にでも、メッセージを送って、行っても大丈夫かどうか確かめた方がいいでしょう。出産して1か月くらいの時期は、まだまだ体調も万全でなく、ある程度状態が良くても寝不足であることが多いです。

出産した本人の夫からの連絡で自宅を訪問する場合、奥さんの状態だけでなく、了解を得ているか確かめ、事前にアポを取ること。夫の会社の人に、寝不足&ノーメイクでいるところに訪問されたら、追い返すわけも行かず迷惑この上ありません。この際も子連れはNG、もちろん喫煙は厳禁。長居せず、お祝いを渡したら1時間以内でお暇しましょう。

出産祝いを渡す際のマナー

直接訪問して、出産のお祝いを渡す場合、自宅に上がって一通りの挨拶をし手から渡します。お金や商品券の場合は、綺麗なお札をご祝儀袋に入れ、ふくさに入れて持参します。ふくさがない場合は、大きめの綺麗なハンカチで包んで持っていきます。

もらって嬉しい出産祝い8選

贈るタイミングはわかったとして、ではどんな出産祝いがいいのでしょう。もらってうれしかった、重宝したというママさんたちの声から8つのモノを選んでみました。

①ベビーバスポンチョ

ベビーバスポンチョは、お風呂上りに使うバスタオルでポンチョの形をしているもの。サイズも季節にも関係なく、年中使えるのがいいですね。頭のところは三角になっていて、ベビーが動いても素早く髪の毛も拭くことが出来ます。ハンドタオルなどとのセットになったものも有り、予算に応じてプラスしたりと、プレゼントには適しています。

②ベビー食器セット

ミルクだけの時期が終わる5か月以降、離乳食が始まりますので、ベビー用の食器セットは必需品です。材質は、プラスチックから木製、磁器、陶器など様々です。陶器は耐久性や安全性が高いですが、割れやすいという欠点があります。電子レンジも使えません。一方、磁器は食洗器や電子レンジも可能。プラスチックは軽くて割れにくく、中には電子レンジや食洗器に使えるものもあります。

③ベビー服

出産のお祝いのなかで、多いのがベビー服。と言うのも、ベビー服は割高で、特にちょっとおしゃれなものになると、びっくりするくらいの値段になる事があるからです。なかなか自分で買うのが難しく、お祝いでしかチャンスがない!場合も多いもの。しっかりママさんが、事前にブランドのリクエストなどをしてくれている場合は、特に買いやすいですね。

新生児のサイズは個人差が大きいので、プレゼントするベビー服は少なくとも80㎝以上のものにしましょう。また、真冬用、真夏用よりも、春にも秋にも着れる服の方が使う機会も多く、喜ばれます。

④ベビー玩具や知育絵本

ベビー玩具は、赤ちゃんが最初に見たり触ったりして遊ぶオモチャで、触ったり振ったりすると音が出たり、光ったりします。ガラガラやベッドの周りにおいて眺めたりするもの。最初、赤ちゃんは手にしたものをすべて口に入れて確かめることをしますので、安全性の高いものであることが重要です。しっかりしたメーカーのものを選ぶようにしたいですね。

知育絵本は、6ケ月ごろから見るもので、きれいな色の絵や押したら音が鳴るものなどいろいろなタイプがあります。色や音の刺激で動物の形や鳴き声を覚えたり、赤ちゃんの好奇心をくすぐるようにできています。

⑤フォトフレーム

赤ちゃんが生まれたら、写真をたくさん撮るようになります。今はほとんどがデジタルカメラなので、写真を現像したり、デジタルカメラの画像をプリントアウトすることはあまりないですが、それでもお気に入りショットのいくつかは、フォトフレームにして入れておきたいもの。

真鍮のフォトフレームにネームを入れたり、木製のタイプに名前を彫ってもらったりと、カスタマイズすることもできます。また、たくさんの写真を入れられてアルバム代わりにもなる、デジタルのフォトフレームもいいかもしれません。

⑥現金もしくはギフト券

何と言っても、一番喜ばれるのがこれかも知れません。はっきりと好みやリクエストが分からない場合は、お金もしくは商品券などにして、好きなものを買ってもらうのが一番です。親しい関係なら、あれが欲しいと、これは要らないなどの要望を出せますが、そうではないケースがほとんどです。

デパートなどだけでなく、アマゾンなど様々なサイトがギフト券を扱っていますので、出産後赤ちゃんを連れて、または預けて買いに出かける手間もなく、好きなものが買えるので、もらう方にとってもやはり重宝です。

⑦スタイ(よだれかけ)

スタイ(よだれかけ)も、すぐに必要になります。かわいい服を着てもすぐによだれでビショビショになって、着替えないといけないなんてこともありますから、よそ行き用にはオシャレなスタイをプレゼントするのもありです。

ただ、よだれが多いタイプの赤ちゃんと、全くでないタイプ様々で、1日に10枚以上必要という赤ちゃんから、ほとんど使わなかったというタイプまで個人差が大きいです。いずれにしても、食事の時は使うことになるので、あっても困るものではありません。

⑧紙オムツや濡れティッシュなどの消耗品

いつからか流行しだしたオムツケーキ。アメリカからきたもののようですが、オムツは1日に何枚も使う必需品ですので、やはりありがたいもの。買いに行くのも嵩張るし、毎月かなりの額になります。また、おしり拭きなども常に必要なものですから、セットで贈るのもいいかもしれません。

正直困った出産祝い5選

もらって嬉しい出産祝いもあれば、正直困った贈り物、というのもあります。ただこれも個人での好みやライフスタイルによって違いますので、一概には言えませんが、こういう声もある、という参考にしてくださいね。

オムツ

上の、もらって嬉しいリストの中に入っているオムツなんですが、このオムツケーキに対して「私はイヤ」という人も結構いるんです。大きくて部屋を占領するし、味気ないし、いくら使うものだからって、やっぱりお祝いとして嬉しくない、というのがその理由のようです。ケーキに見立てた包装なので、大変なゴミが出るというのもあるとか。

ベビーチェア

ベビーチェアは、赤ちゃんが食卓に着いて食事をしたりするときに使うものですが、これが欲しいというリクエストを聞いてる場合は別として、避けた方が賢明かも知れません。祖父母がすでに用意していたり、誰かのおさがりを使えていたり、いくつあってもいいものではないので、喜ばれない可能性も増してしまいます。

ぬいぐるみ

いかに贈る人が可愛いと思っても、もらう方は戸惑ってしまうぬいぐるみのプレゼント。赤ちゃんお部屋やベッドの周りに置けば、可愛いじゃないと思うのですが、実用的ではないものだし、ホコリなどが出て、アトピーの原因ともなるためあまり好まれません。子育てには大変なお金がかかることもあり、できるだけ使えるもの、実用的なものを選びましょう。

キャラクターセット

子供や赤ちゃんグッズでは、いろいろなキャラクターのものが展開されていて、見ているだけで楽しくなってきます。ですが、キャラクター商品は、人によって好みが大きく分かれるものです。

あるキャラクターの食器セット、バスタオルや洋服など、大好きな人には良くても、興味がないか好きでなかったりすると、特にセットでもらったりすると、それ一色になって使うにも困るという状況になってしまいます。ほんのワンポイントのデザインでも、やはり嫌いな人には嫌なもの。確実に知っている場合以外は、避けるのがベスト。

高価すぎるもの

高価すぎるもの、と言うのも実は困りもの。出産祝いに限らず、お祝いをもらったら、内祝いというカタチやお返しをするものなので、もらったものが高価だと、返礼の品も効果にならざるを得ないからです。お返しは、一般的にはもらったものの半額から3割程度なので、返礼にも負担がかかるのです。ある程度の相場と言うのは、こういう意味でも大事なんですね。

まとめ

新しい命が生まれるという事は、結婚や入学とはまた違った人生の大きなイベントです。それをお祝いするのに、贈る側の気持ちが少しでも伝わるように、相手からも喜ばれるようにしたいものですよね。プレゼントを贈るタイミングや品物選びに、ちょっとした気遣いさえあれば、相手の人の心に残るお祝いをすることが出来ると思います。

一番大切なのはお祝いする「気持ち」ですが、だからと言って独りよがりにならず、出産した人の意見を聞いたりして、相手の方のリサーチをしたり、同じお金を使うなら、少しでも喜んでもらえる出産祝いをしてくださいね。


スポンサーリンク

Check Also

出産育児一時金とは?申請方法や支払制度について

母と父になる。人生で最もうれし …