Home / 美容 / 自分に似合う赤リップの選び方と使い方、おすすめ赤リップ商品

自分に似合う赤リップの選び方と使い方、おすすめ赤リップ商品

赤い色には人を前向きにする力があります。また、人を引きつけ興奮を促す作用もあるのです。赤リップを使って赤を唇にまとい、周りにも自分にも元気を与えながら、情熱的に人を引きつけましょう。

ただ闇雲に赤リップを手にしても奇抜になってしまうなど、恐怖心を煽ることもあるので気をつけてください。難しく思われがちな赤リップですが、現在は種類も豊富。おすすめの選び方、使い方、定番商品をご紹介していきます。

スポンサードリンク

目次

自分に似合う赤リップの選び方のおすすめ方法

赤リップに手が出せないでいる人がいます。そんな人の多くは、自分には似合わないと思っているからです。しかし、それは同時に自分に似合う赤リップの選び方を知っていないだけということになります。あなたに会う赤を見つけ赤リップデビューをしましょう。

肌色に合わせて選ぶ

せっかく赤リップを使ってみようと思っても、好きな色の赤リップを手にして唇に乗せた時に違和感があるのは、慣れていないからか似合っていないからが主な理由です。ではどうすれば似合う赤リップに出会えるのでしょうか。まずは自分の肌の色を知る必要があります。日本人に多い2つの肌の色から考えて見ましょう。

黄色味を帯びたイエローベース

イエローベースの肌色とは、肌色が黄色っぽい方です。自分の肌が日差しを浴びた後に小麦色になるならこのタイプ。他にも手の平もピンクではなく黄色いのが特徴です。また、唇の色はややくすんだピンク、サーモンピンクなど色素が薄い方もイエローベースの特徴です。有名人でいうと、イエーローベース肌クイーンは健康的な肌色が印象に残る安室奈美恵さんではないでしょうか。

髪や瞳は茶系の色でゴールド系のアクセサリーが似合う

肌の色味を見極めるのが難しい場合、髪の毛や瞳の色、似合うアクセサリーでも自分の肌色のタイプを知ることができます。イエローベースの肌の方の髪の毛は、茶色やこげ茶色や茶色がかっていることが多く、瞳の色も同じです。また、シルバーのアクセサリーよりも断然ゴールドのアクセサリーをつけた時にアクセサリーが際立ち肌も綺麗に見えて似合うのです。

ピンクやオレンジ味の入った肌なじみの良い優しい赤がおすすめ

自分がイエロー肌ベースだと分かった方は、同じ赤でも、優しい赤がおすすめです。見分け方は赤の中にピンクやオレンジの色味が入っているものです。ピンクやオレンジの色味が入ったものがオススメです。肌なじみがよく優しい赤に見える色です。不安な時は、初めのうちは、赤リップの種類が多いブランドでBAさん(ビューティーアドバイザー)に色味の説明を聞きながら色を知ると良いです。

青味やピンク味を帯びたブルーベース

日本人の肌色の中で青味やピンク味のある肌色の方、色白だね。と言われる方がこちらのブルーベースの肌色の方です。このタイプの方は日焼けをすると、黒くはならず、真っ赤になってしまいます。手の平は青っぽかったり、赤紫のような色味です。そして、唇の色は赤みがあり、ローズのような色です。有名人でいうと、ブールーベース肌クイーンは透明感が美しい綾瀬はるかさんではないでしょうか。

髪や瞳は黒系の暗い色をしていてシルバー系のアクセサリーが似合う

ブルーベスの肌色の方も、髪の毛や瞳の色の特徴、似合うアクセサリーの色があります。まず、髪の毛の色は圧倒的に黒髪の方が多いです。瞳の色も同じく黒いことが多いのですが、ダークグレイや濃いこげ茶色の方もいます。どちも共通して落ち着いた印象を与えます。似合うアクセサリーの色はシルバーです。肌の透明感を引き立てアクセサリーの輝きを増して見せることができます。

ワインレッドやボルドーなど深みのある赤がおすすめ

自分がブルーベースの肌色だと分かった方の赤リップは、大人びた赤色がおすすめです。深みのある赤を選びましょう。沢山ある赤の中から、ワインレッドやボルドーを選んでください。大人っぽくなり過ぎるのでは?と不安になる方もいるかも知れません。しかし、ブルーベースの肌色の透明感を生かし、神秘的な瞳の色と相まって自分の魅力をひきだしてくれます。

「マット」「グロッシー」「パーリー」の質感で選ぶ

自分に似合う赤が分かったら、こんどは赤リップを選ぶために質感を見ていきましょう。

流行りのマットタイプは唇をふんわりマシュマロのように見せつつ、キリリとした大人の色気を演出してくれます。落ちにくいメリットもあるので、飲み物を飲んだり、お化粧直しをする時間がない時にもおすすめです。

グロッシータイプは唇に艶を与え、ジューシーな印象を与えます。輝きとセクシーさを与えてくれるため、ビジネスシーンには不向きですが、薄暗いお店や、夜のデートシーンで映えるリップです。パーリータイプは明るく白っぽさを加えた発色をし、ボリューミーな唇にしてくれます。とても華やかな印象になるので、それに負けない服装の時につけるのがおすすめです。

赤リップのおすすめの使い方

色と質感からお気に入りの赤リップを見つけたら、次は実際に自分の唇に塗ってみましょう。でも、塗り方は沢山あります。赤リップが自分の顔によりしっくりくるように、いろいろな塗り方、使い方をまとめてみました。

スタンプ塗り

スタンプ塗りは最も手軽な塗り方です。赤リップを容器から直接唇にスタンプするだけでOKです。中央から外側に向かってスタンプしていきましょう。色むらは、そのまま抜け感となり、カジュアルな印象を与えてくれます。

ラインを取って塗る

理想の唇の形を作りたい時は、ラインをとってから赤リップを塗りましょう。オーバーリップにして思い切りセクシーにするもよし、下唇の端の暑さを絞って口角をきゅっと上げた唇を作ることもできます。きちんとした印象になりすぎないためには、リップラインは綿棒を使って書きます。自然なラインを取ることができます。

2色塗り

流行りのグラデーション塗り、血にじみリップと言われるのがこの2色塗りです。中央の色を濃くし、外側に向かって薄くぼやかしていく塗り方です。難しい色も手軽に挑戦することができますし、リップを2本持っていればバリエーションが増えるのも嬉しいところです。

グロス混ぜ

グロスは、持っている赤リップに光沢を出したい時に使います。立体感が出るように塗るまでに止めておくことがコツです。塗りすぎると天ぷらでも食べたの?と思われてしまいます。また、落ちやすいのでこまめなお直しをしてください。唇の周りや動いた時の髪の毛にもつくことがあるので注意です。

フォーマルなシーンにはラインどり

きちんと感を出したい時は、きちんとラインを引きましょう。リップライナーやリップペンシルを使います。これらはリップよりも落ちにくいので、唇にも塗ってから赤リップを塗るのがおすすめです。万が一、上に塗ったリップが落ちてしまってもライナーやペンシルで塗った色味のおかげでフォーマルなシーンでも情けない唇にならずに済みます。

ポンポン塗りでカジュアルに

ナチュラル感を出したい時におすすめなのがポンポン塗りです。これは塗っている感がなく、唇の内側からじゅわっと色が滲み出たような印象になります。リップと直接ポンポンと唇に当てても良いですが、一度指にとり、中央から外に向かってポンポンしていきましょう。こうすることで自然に立体感が出て、とれにくくなります。

マットはきちんとした印象に

マットなリップは取れにくくきちんとした印象を与えますが、手間をかければより美しくなります。見たままの色を出したい時は事前に唇にコンシーラを塗っておくことです。よりきちんとした印象にしたければリップペンシルやライナーで縁を取り、リップブラシを使って色を塗りましょう。仕上げはティッシュオフです。テュッシュを唇に載せて優しく上から押さえれば完成です。

シックなメイクはマット

アイシャドウにダークカラーを取り入れたシックなメイクは、冬のパーティーシーンで品位をあげるには持って来いのメイクです。メイクも服装も大人っぽく決めている、そんなメイクの日は、唇もマットな赤リップで仕上げましょう。メイクの雰囲気を壊さずに、大人っぽさときちんと感でシックな雰囲気をより強調してくれます。

グロッシーは唇をふっくらとツヤやかに

グロッシーな赤リップは、唇をふっくらとツヤやかに仕上げてくれます。塗る前にはリップで本来の唇を艶やかにケアしておきましょう。取れやすいので、少しでも取れにくくするためにはリップブラシで塗りましょう。ただ全体に塗ってはベタベタした印象になってしまいます。中央から外側へ塗ることで、立体感を作ることができます。

キュートなメイクはグロッシー

グロッシーな赤リップが似合うメイクは、ピンクの色味を使った下地やファンデーションを使い、眉は優しい印象に仕上げ、チークははっきりとした色でポイントを作り、明るいアイシャドウにまつ毛もくるんとカールさせているようなキュートなメイクです。キュートなメイクにグロッシーな赤リップを使う時は、オーバーリップ気味にするのが良いです。下唇をよりふっくらと立体的に仕上げるとキュートさが高まります。

パーリーは唇をふっくらとボリューミーに

唇をボリューミーに見せたい時は、パーリーな赤リップがおすすめです。パーリーなリップには細かなパールやラメが入っています。せっかくふっくら見えるようになっていても、そのパールやラメがムラになっていたり、ましてや、唇の縦じわに入ってしまっていては台無しです。パーリーなリップを使う前は、保湿力の高いリップクリームを事前にしっかり塗っておきましょう。縦じわにリップライナーをひいておくこともパールやラメを縦じわに入るのを予防してくれます。

華やかなメイクはパーリー

パーリーなリップが似合うメイクは、アイラインもきちんと引き、まつ毛は長く濃く、眉やアイシャドウをしっかり入れるような華やかなメイクです。華やかなメイクにさりげなく、それでいて華やかさに負けない唇を作るためには、やはりパーリーな赤リップが最適です。自分に似合うパーリーな赤リップを使いましょう。

おすすめ定番赤リップ

女性の定番でもある赤リップは、敷居の高さからか流行りになって来たのはここ数年のことです。近年赤リップは一気に種類を増し、どんな人にも似合う展開になりました。今こそ赤リップを持つべきです。多くある赤リップの中から、おすすめ赤リップを紹介します。

MACのリップスティック

見たままの色を出してくれる。色展開が多いと言えばMACです。おしゃれなデザインと、かわいいネーミングも人気です。お気に入りの色が1本と言わず何本も見つかることでしょう。質感も何でも揃っていますので、選びがいがあります。カバー力が強い分、唇へのダメージが気になりますが、MACのリップスティックは唇にも優しいです。よって荒れ知らずで発色の良い唇になることができます。

シャネルのルージュ ココ

赤リップと聞いて、パッと思い浮かぶのがシャネルのルージュではないでしょうか。ルージュココはみずみずしく潤うタイプのリップが24色展開されています。色がしっかり出て、グロスが無くても輝気がでる一品です。とにかく色持ちが良いと評判のリップなので、長時間にわたって色味を保たせたい時には迷わずに選ぶことをおすすめします。

イヴ・サンローランのルージュ ヴォリュプテ シャイン

有名なメイク雑誌のリップ部門や、ルージュ部門で数々の1位を取得しているイヴ・サンローランのルージュ ヴォリュプテ シャイン。グロスクリームという新しい質感を持つリップで、官能的な色とツヤ感を持ち、体温で1つに溶けるなめらかなテクスチャーなのです。発色や質感以上に心まで女性らしくなれる、キスしているような快感が得られるリップです。

赤リップ初心者はグロスからチャレンジ

グロスは本来、輝きを与えるために使うものですが、色付きのグロスも多く販売されています。赤リップを買う前に、赤リップの良さを体験するために赤リップ初心者さんがトライしやすいのは、赤いグロスです。専用のブラシや、そのまま塗ることができる容器がほとんどなので、容器を生かして気軽にチャレンジしてみましょう。

ラチュール オールインワンリップ

オールインワンの基礎化粧品は有名ですが、実はリップにもオールインワンが存在します。ラチュールは口紅、バーム、クリーム、ライナー、グロスというあらゆる役目が1つになっている贅沢な1本です。色展開は5色、このうち2色がレッド系です。容器の柔かな平筆がついており、直接塗ることができます。化粧ポーチも省スペーズで済み、お値段も税込で1944円と手頃です。

赤リップの効果

portrait-1462944_640

赤リップがお母さん世代の物から若者世代も楽しめるアイテムになりました。赤リップの色味が増え、質感も様々です。赤リップと言っても、色々な印象を与えてくれ、カジュアル使いからフォーマルまでありとあらゆるシーンで使えるのだと知ることができました。人気が出て流行りとなり、現在は定番になる赤リップ。そんな赤リップにはどのような効果があるのでしょうか。

肌に透明感とハリが出ているように見える

赤リップを塗ると、唇の印象は強くなります。唇がパッと明るくなることで、肌との陰影がはっきりし肌の透明感が一気に増して見えます。また、イキイキとした印象を与えるため、肌がキュッと上がって、ハリが増したように見える効果があるのです。大人たちが赤リップを手放さないのは、このような効果を知らずのうちに体験しているからなのでしょう。

黒目が大きく見える

赤リップにして肌の透明感が増してくれば、その他の顔にある色が強くなるのは当然のこと。

中でも色がはっきりとしている瞳はより一層印象的になりますので、黒目が大きく見える効果があります。もし、黒目を大きく見せたいままにしておきたいのなら、メイクは赤リップを中心にして、他に余計な色は乗せないこと。せっかく黒目が大きく見えていても、間違ったアイシャドウやチークを選び、そちらの印象を強めてせっかくの黒目の印象が埋もれてしまわないように注意しましょう。

おしゃれに見える

定番になって来たとはいえ、赤リップへの敷居を高く感じている人も多いものです。よって、赤リップを使いこなしている人にはおしゃれであるというイメージを持ってもらうことができます。カジュアルからフォーマルまで、様々なシーンで使うことができるので、シーンにあった赤リップを使いこなし、おしゃれ上級者になりましょう。

赤リップはチーク代わりになる

メイクをするときに赤系の色を使うと場所と言えば、唇の他に頬にぬるチーク。実は赤リップはチークの代わりにもなります。かさばる化粧ポーチにしたくない場合は、ぜひ赤リップだけを持ってでかけましょう。専用の商品なら別ですが、残念ながらチークは赤リップの代わりにはなりません。また、赤リップをチークとして使うときは、直塗りは厳禁です。ポンポン塗りがおすすめです。

上手に塗れば派手な印象はない

赤リップを嫌煙する人には、塗った時に派手すぎてしまうから。という理由を掲げる人も多いのではないでしょうか。しかし、これまで説明したように、赤リップは上手にぬれば派手な印象ではなく、おしゃれな印象や洗練された印象を与えることになります。色味や質感を間違えず、それぞれのシーンにあった赤リップを選ぶことが大切です。

上手に塗ることでピンクリップよりも好印象

fun-20008_640

無難な化粧で無難な顔になれば、それほど他人の印象に残らないものです。しかし、赤リップは上手に塗ることで、ピンクリップよりも好印象を与えることができます。肌になじみすぎて塗っているかどうか分からない色よりも、パッと目を引く赤リップをつけている方が人の目を惹きつけます。

男性の場合ですと、カラーレスのリップよりも赤リップの方が5秒も長く注目してくれるのだそうです。赤には自分に自信をもたせてくれる色です。赤リップをまとい、堂々と振舞う様子は明らかにピンクリップよりも好印象を与えるでしょう。

スポンサーリンク

Check Also

あなたはいくつ当てはまる?男性にモテる顔の11の特徴

「男性は女性の外見ばっかり見て …