Home / 恋愛 / 男性から愛される女性の特徴と愛され続けるために大切なこと

男性から愛される女性の特徴と愛され続けるために大切なこと

1

愛される女性とそうではない女性にはどんな差があるのでしょうか?実は、そんなに差はなく、ほんのわずかな違いなのです。少しの努力しだいで愛される女性に誰でもなれるのです。誰でもかわいくありたい、愛されたい、そう思うことでしょう。愛される女性には特徴があるのです。

そもそも愛される女性ってどんなタイプなのでしょう?なんとなく、イメージが浮かび上がりませんか?あんな可愛さ、自分にあるかな、こんなこと言えるかな?こんな表情できるかな?大丈夫です。誰でもかわいい女子なのです。愛されポイントをおさえることによって、愛され女性になりましょう!

スポンサードリンク

愛される女性は内面からにじみ出てくる魅力が外見に現れる

2

あの人、ステキだな、女性からも好かれるステキな女性、身近にいませんか?それほど美人ではないけれど、なんとなく雰囲気がステキな女性。お話すると、気持ちがよく、さっぱりしていて、笑顔が自然でステキ、どなたか思い当たる女性はいませんか?そんな女性をイメージしてみましょう。

外見に気を遣う

まずは、見た目、第一印象は大事です。清潔感。こざっぱりした感じ。だけど、女性的なかわいい部分も残しつつ…。なんだか難しそうですか?女性なら、本能的なかわいさを実は身につけているはずです。いつもより少し、外見を気にしてみましょう。

たとえば、鏡をひんぱんに見るように意識すること。部屋のいろんな場所に置いておくと、自分の姿や顔を見ることになります。気にしてみましょう。玄関では姿見を、キッチンで洗い物をしているときやダイニングテーブルの上に置いて食事しているときの自分の顔をチェックしてみてください。え!こんな大口開けて食べているの?わたし!と気づくかもしれません。鏡を見ることは、まず自分を知る、そこからはじまります。

ヘアスタイルはどうですか? 朝、起きて、ブラシもせずに外出していませんか?面倒くささは外見にも内面にもでてしまいますから、まず洗顔してメイクして、ヘアスタイルにも気をつかいましょう。ヘアスタイルをおろそかにすると、イケてない感じに見えてしまいます。

ファッションも同じ服ばかりでなく、無難な格好ではなく、いろんなバリエーションで毎日をスゴしましょう。ほんの少しの努力で人は大きく変わってきます。身だしなみ、それは最低限のマナーでもあります。

性格の穏やかさ

カーッと怒り出す気の短い女性、キレやすい女性、言葉の荒い女性にステキな人はいません。眉間にシワを寄せて、口をとんがらせて、文句ばっかり言う人、いませんか?思い当たるふし、ありますよね。

いつも穏やかで、平常心で、心を落ち着かせて行動するように心がけましょう。心がけるだけでもちがってきます。アンガーマネージメントってご存じでしょうか。イラッときたら心の中で6秒数えます。そうすると怒りがおさまるというものです。怒りはおさまりますし、理知的な女性の第一歩です。

話を聞いてあげる

女性は、話をはじめると自分のことばかりになってしまって、人の話を聞かない、なんてことがあります。自分のことばっかり話す女性は、グループにおいても嫌われます。逆に聞いてあげる、そのくらいの気持ちでいつもいましょう。自己主張の強い女性に見られます。懐を大きく、話を聞いてあげましょう。そうすることで、男性は安心感を得ます。

彼の立場に寄り添う

人を思いやる優しさは大事ですが、心が広く、器が大きくないとできませんって…思っていませんか?彼はどうしてこうしちゃったのか?彼はどんな気持ちなのか、それをまず知ること、そこからスタートします。

あ、そうか、そういう考えもあるんだと納得することもありますし、彼の気持ちに、立場に寄り添うことで、彼が安心感を得るとともに信頼感も芽生えます。

派手というよりは地味

第一印象、ハデだな~って女性の人の特徴はどうでしょうか?なんとなく雰囲気がハデ。しゃべるときはオーバーアクション、変に語尾があがったり…、大げさだったり…。そんな女性は、なんだか引いてしまいます。男性は特に、ハデさは攻撃性が高い女性かもと思ってしまいます。

真っ赤な口紅、やけにピンクのチーク、長くて濃くカールしてあるまつげ、ハイブランドのバッグやアクセサリーを身につけていたり、年相応ではない流行のファッション。とにかくハデ。それじゃ彼も落ち着きません!

ハデさはいい印象をあまり与えません。遊んでいる風にも見えてしまいますし、それなら、地味メのほうが家庭的に見えて、男性は安らぎをおぼえるかもしれません。地味のほうが男性は惹かれることでしょう

周りの人への心配りが出来る

たとえば飲み会などで、大皿料理などをとりわけたり、おしぼりをそれぞれテーブルに並べたり、オーダーを頼む際にも人数分あっているか…、ってそんなことでしょうか?これは、実は気づいて当たり前のことです。マナーと同然です。

あまりに露骨なものではなく、ひとりひとりに気配りができて、特に自然な感じでに女性への気配りができている女性、そこに男性は目が行きます。たとえば、寒そうにしていたら席をこっそり替わるとか。ささいなことだけどそこに気がつく優しい女性はステキです。さりげなさが大切です。

愛情表現を損得で計算しない

損得で計算するなんてことはもってのほかです。愛情表現は素直に、素朴にするもの。無意識に表現するのが愛情表現です。心配させないように気を使ったり、自分のことより彼を優先させたり、大げさなアピールはときには彼はひいてしまいます。

本当に彼といっしょにいることができて幸せを実感したら、「わたし、幸せ!」と口にしてみましょう。何かが変わるかもしれません!

つけいるスキも見せる

いつもきちんとして、完ぺきにこなす女性はステキなのですが、あまりにスキがないと、男性はひいてしまうことがあります。そこで、例えばおっちょこちょいなところを見せたりすると、そのギャップに彼はドキッとします。

スキがないと、余裕がなく発展していかないかもしれませんから、スキを見せることも大事です。男性よりもちょっと下にいる感じの雰囲気や印象を作り出すと、男性は安心することでしょう。

同性からも好かれる

女性に嫌われている女性ってどんなタイプでしょうか?男性にこびている、わざとらしく可愛い話し方、声のトーンがひとつあがる、すぐ男性にベタベタ触るなど、イメージできませんか?女性はそんな女性を嫌います。同性に嫌われる女性は、トラブルをいくつも抱えることが多いので、男性も自分、までトラブルに巻き込まれそうでひいてしまいますから、気をつけましょう。

得意な料理がある

ひとつと言わず、レパートリーがあるといいですね。男性はお料理の出来る女性に結局ひかれます。いわゆるレシピの王道の、カレー、肉じゃが、オムライス、ハンバーグ、唐揚げ、グラタン、ロールキャベツ、豚の生姜焼き、味噌汁、ミートソースパスタ、きんぴらなど、男性が作ってもらいたいランキングに入るようなレパートリーはいいですね。

逆に、ひかれてしまうのは、過剰なヘルシー料理、香辛料のたくさん入ったエスニック料理など。これはさけておきましょう。カレーでも、いろんな種類のカレーがありますから、本格的なものから簡単に作れるものまで何種類かできるのも、おっ!て思われるはずです。

ハンバーグも和風のものや煮込みのもの、唐揚げも塩味や醤油味のものまで、レシピがあるといいです。愛情たっぷり込めてがんばって作る様子を見ると、男性は女性に愛しさが増すのではないでしょうか。

愛される女性がいつまでも変わらず愛されるには

3

いつもべったり、依存などしはじめると男性は逃げます。男性は、女性を束縛したい気持ちと、自分が自由でありたい気持ち、その逆の気持ちを持つ身勝手な生き物なのです。いつまでも変わらず愛される女性であるためには、どうしたらいいのでしょうか?

適度な距離感

メールやLINEに、即返事を送っていませんか?返事は、少しだけ、遅れて返しましょう。毎回毎回ではなく、よい加減で返事をするのが大事です。

結局は、女性の手のひらで転がせるようになればこっちのものなので、そこまではややわりとそっけない返事をするとか、あれ、ボクにあんまり興味がないのかな、とほんの少し心配させるくらいがいいでしょう。そのくらいの距離感を持つと気になる存在になります。逆にあまりに距離をとると男性は諦めてしまうかもれませんので、そこはちょうどいい感じで、返事をしましょう。

短所も受け入れる

パーフェクトな男性はぜったいいません!必ず、どこか、え?と思うようなところがあります。そこをわたしが直してあげる、なんて考えは傲慢です。やめましょう。そんな気持ちは、支配することと同じです。男性は逃げたくなります。

その短所を受け入れるからこそ、ふたりの関係はよくなって、女性が男性をこっそり補ってサポートできる関係になるのです。そのほうが男性は、心地いいのです。男性は短所を直したいってこれっぽっちも思っていないのですから!

甘え上手

男性は女性に頼りにして欲しい、という気持ちもあります。物理的に甘えることだけではなく、「これ。お願い!」みたいに言って頼むと、可愛さがアップします!タイミングも大事です。男性が疲れているときとか、仕事でトラブル抱えているときなどはさけましょう。

感謝や謝ることが素直に言える

素直に気持ちを伝えることは大事なことです。男性はいくら単純だとはいえバカではないので、口だけの感謝の言葉はすぐにバレます。感謝をひんぱんにするということでもないのですが、ここぞ!というタイミングに感謝の気持ちを表すと効果的かもしれません。

イヤなことをつい男性に言ってしまうとか、また悪くなくても、結局、男性にデメリットを与えてしまった、なんてことにはすぐに相手の目をみて「ごめんね」と伝えましょう。男性は素直な女性が好きなのです。

ポジティブな考え方ができる

卑屈な態度や言動などをとるネガティブな女性はダメです。自尊感情が低すぎても、逆に優越感が高すぎてもダメです。バランスのよい考えに着地しましょう。

何かにたとえば、男性がちょっとしたミスをしたとします。そのとき、それをポジティブな考えに転換させて励ますことです。ちょっとしたミス、そのちょっとしたが大事です。仕事などの大きなミスに、大丈夫よなんて言うのはいけません!そういう場合は、よけいなお世話だと思われてしまいます。

笑顔が絶えない

急に話しかけられて、うん!と返事をするときも口角をあげて笑顔でかえしてみましょう。印象がぐっとかわります。いつも笑顔というのはステキです。うまく作れないときは、鏡を見てかわいい笑顔を作る練習をしてみましょう。朝の歯磨きのとき、必ずニコッとしてみましょう。笑顔がどんどん普通に、自然と出ることでしょう。ニコニコ笑顔でうなずく女性は、素直に見えます。

一緒にいて心地よい

女は海だとよく聞くように、心を広く持っていましょう。男性は安心して一緒に過ごしたくなるでしょう。そういった環境を作ってあげるのも愛情のひとつで大事なことです。しかし、それはさりげなくすることが基本。心地よく、うるさくなく、しかし放っておくことでもなく、ほんの少しの気遣いで、男性は心地よいと思うものです。

愛が冷めないように気をつけるべきこと

4

男性は単純な生き物なのですが、しかしとてもデリケートな性質をもっています。なので、些細なことで、男性が女性にがっかりすると一気に冷めてしまうということもありますので、ひと言ひと言に気をつけましょう。つい、が命取りになりますから。

彼の状況に関係なく自分の気持ち押しつけない

こうすれば彼はいいに決まっているなんて思い込むことはやめましょう。よかれと思ってしたことが大惨事ってことはしばしばあります。それは押しつけになってしまいます。あまりしつこく聞いたり、もとめられていないのにアドバイスを言ったりするのは、おせっかいでよくありません。男性は、プライドが高いのです。気をつけましょう。

同じことでいつまでも責めない

男性は、何度言っても聞かない、といったことがありますから、女性はついつい何度も言って責めてしまうということがあります。たとえば、自分が知らない女性とふたりで食事に行ったという事実があったことを何度も何度も、ことある度に思い出してヤキモチを焼いて、言って責めてしまう。これは、男性はイヤですね。しつこく言われるのはイヤです。

不機嫌そうな態度

機嫌が悪いときはだれでもあることでしょう。イライラしたりしたとき、男性にやつあたりするのは絶対やめましょう。自分で、なんだかイライラするときなどは、発散しましょう。気分転換することが大事です。自分で気持ちを切り替える方法をひとつでも知っておくことも大事です。不機嫌な顔はだれも見たくありません。

恥じらいを常に持つ

空気のような存在は、それはそれで安心感があるということですが、慣れてしまって、恥じらわない女性には男性は一気にさめるでしょう。男女の間には色気は大事。そこは自分の恥じらいを大切にとっておきましょう。

まとめ

ひとりの男性に愛され続けること、それは難しい答えの出ない哲学のようなものかもしれません。だけど、自分を振り返って、客観的に見て、何かひとつ、気がつくかも知れません。ここは直したほうがいいかも…。反省して、ああ、こうしたらいいかも、そう気がついたときが直すときです!実は、愛される女性になることは簡単なことなのです。

毎日、ほんの少しだけ心がけることによって、女性としても人としても成長します。愛されたいという思いをもって行動し、自分が変われば、きっと愛される女性になることでしょう。心がけるだけでも大事なことです。日々の小さな努力と少しの工夫、それが自然に無意識にできるようになると、ある日、ふと、わたし、愛されているかも?と実感できるようになることでしょう。

スポンサーリンク