Home / 恋愛 / 恋愛相談・心理 / 30代女性の恋愛あるあるを2つの体験談を基にご紹介!

30代女性の恋愛あるあるを2つの体験談を基にご紹介!

30代になると、仕事での責任も増え、社会的地位も高くなり、以前よりも周りの目にとらわれがちになり、20代の頃のような自由奔放な恋愛ができなくなる傾向にあります。

またある男性を好きになっても、既に結婚していて子供がいたなんてことも多く、もう好きという感情だけで恋愛をすることが難しくなってくるのが30代の恋愛と言えるでしょう。

本記事ではそんな30代女性の恋愛あるあるを2つの体験談を基にご紹介します。また、30代女性が幸せな恋愛をするための方法についてもご紹介していますので、是非ご覧ください。

スポンサードリンク

2つのケースから学ぶ30代の恋愛あるある

20代の時は自分の感情に任せて恋愛を楽しんだ方も多いのではないでしょうか。

時には燃え上がるような情熱的な恋をしたり、一夜限りの恋なんかもあるかもしれません。でも30代になるとそういった恋愛ばかり楽しんでいるわけにはいかなくなってしまうのです。

なぜ30代になっても思うように恋を楽しんではいけないのだろうか、それはやはり世間や周囲の理解が得にくいといった側面があるからです。

年齢的にも結婚や妊娠・出産を経験している人が多くなってくるため、自然と奔放な生活が理解されにくくなってしまうのです。

以下、そんな30代女性の恋愛あるあるについて2つの体験談と共にご紹介します。

ケース1:ハイスペックな36歳女性

bisiness_lady

36歳になる女性は仕事でもキャリアアップをして、美容やファッションにも気を配り自分磨きは欠かさない人です。

もちろん職場の後輩からは憧れの的となっていて、男性にもよく声をかけられます。見た目も年齢より若く見えるため、いつも自信に満ち溢れている女性だったのです。

もちろん恋も自由に楽しんでいたため、誰かに縛られることなくその時の気分で男性を選んでいたのです。

それが楽しいと感じていたようですし、一人が寂しいといった感覚も無かったようです。

ですが、ある日仕事でミスをしてしまい落ち込んでいた夜に限って、誰も会ってくれる男性が見つからなかったのです。

もちろん友人はほとんど家庭を持っているため深夜に話を聞いてくれる人はいません。そして一人でバーで飲んでいた時に若い男性に出会い、女性は今までになかった感情を知ることになったのです。

30代恋愛あるある①夢や希望のある年下男性に惹かれる

若い男性は役者を目指している22歳で、夜はそのバーで働いていたのです。女性の話をやさしく聞く男性は、酔いつぶれてしまった女性を自宅まで送り届けます。

しかも家に女性を送り届けた後、何もせずに帰っていったのです。その様子に女性は余計に男性に興味が出てしまい、何度もバーに通い誘い続けるようになったそうです。

魅力的な年上女性にも態度を変えず接する男性は、女性にとって初めての経験で手に入らないからこそ手に入れたいという気持ちが強くなってしまったのです。

30代恋愛あるある②燃え上がる恋をするほど、失った時の喪失感が大きい

女性の気持ちを悟った男性は女性の希望通り一夜を共にしたのですが、その後バーの仕事をやめ、女性の目の前から姿を消してしまいました。

それから女性は男性を探しましたが見つからず、人生で初めて喪失感と寂しさを経験し、その後しばらく立ち直ることができなくなってしまいました。

今回のケースは年下の男性に没頭してしまう女性の体験談でしたが、夢や希望のある若い年齢の男性に魅力を感じてしまうのは珍しいケースではありません。

また感情が燃え上がる経験をすればするほど、失った時のダメージが大きいのもこの年齢ならではの問題なのです。

ケース2:男運の悪い34歳女性

34歳になる女性は幸せな結婚をするのが夢でしたが、男運が悪くいつも付き合った男性に困らされていました。

そんな経験が何回か続いたこともあって、しばらく恋はやめようと思っていた時期だったのです。その分仕事に力を注いだので仕事で成果を出すことができたのです。

上司がお祝いをしてくれるというので仕事帰りに、二人で食事に行くことになりました。

居酒屋を想像していた女性はホテルの高級レストランに連れていかれたことに驚きましたが、上司はやさしく女性をエスコートしてくれたのでその場の雰囲気に任せて食事を楽しんだのです。

上司とプライベートの会話をしたのは初めてでしたが、とても紳士的でときには冗談も言う部分がとても魅力的に見えたそうです。その後も食事をしたりする機会が何度かあったのですが、自然と食事の後にホテルに行くようになったのです。

もちろん女性は付き合っていると思っていましたし、ゆくゆくは結婚も考えていたそうです。

30代恋愛あるある③好きな相手が既婚で子持ち

ですが、終わりは突然やってきたのです。上司は結婚していて、高校生になる子供もいたのです。それを知ってしまった時の女性の絶望は計り知れませんが、家庭があるならば関係を解消しなければと考えたそうです。

上司に別れを切り出すとあっさりと交際は終了したそうで、謝られるようなこともなく悪いことをしているという感覚さえ上司には無かったようでした。

その後毎日上司と顔を合わせるのが苦痛になってしまった女性は、長年勤めた会社を退職することになったそうです。

30代恋愛あるある④不倫に走ることが多くなる

今回の体験談は女性が知らない間に不倫をしてしまっていたケースですが、他にも不倫に悩んでいる30代女性はとても多いようです。

悪いと理解しているのにも関わらずやめることができないといった声も聞かれました。

どうしても周囲に結婚している男性が増えるので誘惑は多くなってくるのですが、この誘惑に騙されてはいけないのです。

相手の家族を苦しめてしまうだけではなく、最後は自分自身が強く傷ついてしまうからです。最終的に幸せになれるケースが少ないため、こういった報われない恋愛はできるだけ手を出さないほうが良いでしょう。

30代女性が幸せな恋愛をするための2つの方法

30代にもなると、仕事における責任が増えたり、社会的立場が高くなったりと、以前より他人の目にとらわれるようになり、若い頃のような自由奔放な恋愛ができなくなります。

また、周りも結婚していたり、子供がいたりと、もう好きという感情だけで恋愛ができるような環境ではなくなります。

では、そんな閉塞感で苦しむ30代女性が幸せな恋愛をするためにはどうしたら良いのでしょうか?

1.SNSで相手探しをする

最近はSNSで相手を探す女性も増えています。

SNSであれば、各々の自由なタイミングで活動をしていくことができます。

また、人間性よりも先にその人の好きなことなどが出てくるため、趣味の話で意気投合ができ、そこから関係を構築していくことが可能です。

仮に仲たがいを起こしてしまったとしても、その際に個人情報などをさらけ出していなければアカウントを消すことで関係を絶つこともできるようになります。

SNSで知り合い、実際に結婚に至るケースは近年増加傾向にあるため、そういったところで探していくというのは決して珍しいことではありません。

SNSで知り合うといきなりの初対面でも仲良く話をすることができるというのも特徴です。例えば、お見合いなどではいきなり初対面で会うと緊張してしまい、うまく話すことができなくなります。

これがSNSである程度の関係性を構築していると、初対面であったとしても共通項が多いことから、そこまで緊張をすることもなく話を進めていくことができ、有意義な時間を過ごすことが可能です。

もちろん、思っていた人と違ったという事例もあれば、実際会おうとしたのにドタキャンを食らったというケースもあるなど、まだまだ安定しているわけではありませんが、それでも魅力的なやり方です。

2.婚活パーティーで相手探し

30代女性が新たな恋愛をする場として婚活パーティーの存在を忘れるわけにはいきません。

婚活パーティーは以前から存在していますが、最近は条件が細分化しており、より細かく理想の男性を見つけていくことが可能です。

特にこういう趣味の人を探しているという場合には、その趣味の人に特化した婚活パーティーというものが存在するため、そこに行けばお目当ての人を見つけることも決して夢ではありません。

以前のように、お見合いでああでもこうでもないと言うのではなく、様々な婚活パーティーに足を運び、そこで経験値を積み重ねていく方が安上がりであり、とても効果的です。

また、婚活ができるアプリというのも登場しています。

これは免許証などを登録し、個人情報を完全に示したうえで参加することができるものであり、結婚をしたいと思っている人同士を結び付けてくれるというものであり、ここ数年でその利用者は一気に増えています。

あまり良い印象がないという人が多いものの、いわゆる出会い系サイトと決定的に違うのは個人情報を提示することで安全性が増しているという点にあります。

なかなか相手を探す時間がないという人でも、これなら探すことはできます。

まとめ

いかがでしたか?30代女性の恋愛あるあると30代女性が幸せな恋愛をするための方法をご紹介してきました。

30代になると、20代の頃のような自由な恋愛は難しくなりますが、近年出会い系アプリや婚活パーティの発展により、以前よりも出会いの場が広がりつつあります。

これらを駆使して30代でも充実した恋愛生活を送りましょう。

スポンサーリンク